フェイクニュース汚染、欧州の危機感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ちらつくロシアの影

 しかし、ドイツの政治家たちが保守系サイトによるフェイクニュース以上に警戒するのが、国家、特にロシアの関与が疑われる偽情報の拡散だ。

 今年1月、米政府は大統領選でのロシアによるサイバー攻撃やフェイクニュースについての報告書を公表した。

 サイバー攻撃が大統領選の結果に影響を及ぼしたかどうかの評価は避けたものの、ロシアのプーチン大統領が「米大統領選を標的にした情報戦の実行を指示したと強く確信している」と書いた。情報戦の目的は、「米国の民主的手続きへの信頼を損ねるとともに、(トランプ氏の対立候補だった)クリントン氏を中傷し、大統領当選を妨げること」だと分析している。

 ドイツでも、難民・移民に対する反感をことさらあおり立てる「報道」があった。ベルリンで昨年1月、ロシア移民の家庭で育った13歳の少女が失踪し、翌日、家族のところに戻ってきたというものだ。これを受け、ロシアのテレビ局「チャンネル1」に少女の叔母と称する人物が登場し、少女が失踪中に「たくさんの男たちにレイプされた」と語った。男たちは難民申請者であったことも示唆された。

 この時のインタビュー動画はフェイスブック上で100万回以上、視聴された。その週の週末、ドイツに住むロシア出身者数千人がデモに参加した。彼らは難民・移民を敵視し、「子供が危ない」「私たちの子供に手を出すな」などという言葉が書かれたプラカードを手にしていた。

 その後の捜査当局の調べで、少女は誘拐されたわけではなかったことが分かった。学校で嫌なことがあったので、家に帰らず、友人宅にいただけだった。

 少女の事件は反移民を掲げる右派系勢力にとって、最高のプロパガンダになった。

 右派が勢力を伸ばし、ロシアに厳しい態度をとるメルケル氏が率いるキリスト教民主同盟(CDU)が議席を大きく減らすような展開は、プーチン大統領にとって「大勝利」(英フィナンシャル・タイムズ紙、1月29日付)となる。

 2014年にロシアがウクライナ南部のクリミア半島を併合したことをきっかけに、欧米諸国はロシアに経済制裁を科している。欧州で制裁発動までの過程を主導したのがメルケル首相だったからだ。

仏大統領候補も巻き込む情報戦

フランス大統領選で有力候補の一人となっているエマニュエル・マクロン氏。フェイクニュースに悩まされている(AP)
フランス大統領選で有力候補の一人となっているエマニュエル・マクロン氏。フェイクニュースに悩まされている(AP)

 フランスも背後にロシアがいると見られる情報戦に悩まされている。

 4月23日、フランスでは大統領選の第1回投票が行われる。ここで過半数を獲得する候補者がいれば当選となるが、現在のところ、1回目の投票で過半数を取る候補者はいないと見られている。その場合、5月7日に2回目の投票が行われ、1回目の投票で上位2位までに入った候補者による決選投票が行われる。

 有力候補の一人であるエマニュエル・マクロン氏の陣営によると、マクロン氏が世論調査で支持率を大きく伸ばし始めると、ロシア系メディアが同氏を中傷する報道を始めた。マクロン氏はロシア外交を厳しく批判していた。

 報道の中には、かつて銀行家だったマクロン氏を「グローバルエリートによって任命された人物」と呼び、内部告発サイト「ウィキリークス」がマクロン氏の困るような秘密の情報を握っているというものもあった。マクロン氏のサイトに対してはロシアから「何千回ものハッキングの試み」も行われているようだ。

 真偽不明のニュースは、世界の複数の言語で情報を発信するロシアのテレビ局「RT」や国際ラジオ放送・ニュースサイトの「スプートニク」などを通じて広がっている。

 今年2月には、スプートニクがインタビューしたフランスの国会議員が、マクロン氏は「非常に裕福な同性愛者のロビー組織」に支援されていると述べた。それまでにロシア語メディアで同性愛者であるとの(うわさ)を立てられていた既婚者のマクロン氏は、相手として名前が挙がったフランス公共ラジオの幹部と同性愛の不倫関係にはないと公に弁明せざるを得なくなった。

 他国の思惑で発信される噂レベルの情報が、実際の言論空間で一人歩きを始め、政治家が対応せざるを得ないところまで来ているのである。

【あわせて読みたい】

トランプ大統領はなぜメディアと対立するのか
正しさは二の次…ネット世界のビジネス構造
英国のEU離脱に「待った」をかけた司法は国民の敵か
フランスの「ブルキニ」禁止令と癒せない病理
策におぼれた? 英次期首相を断念したボリスの道化度

1

2

3

無断転載禁止
432294 0 深読み 2017/03/09 16:21:00 2017/03/09 16:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170308-OYT8I50080-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ