「ソメイヨシノ」はどこからやって来たのか

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ソメイヨシノの始まりは江戸・染井村の吉野桜

JR駒込駅に近い染井吉野桜記念公園にある発祥の里記念碑
JR駒込駅に近い染井吉野桜記念公園にある発祥の里記念碑

 ソメイヨシノの原産地ははっきりわからないが、江戸時代、植木職人が多く暮らしていた染井村(現在の東京都豊島区駒込付近)から売り出された「吉野桜」が始まりと考えられている。奈良県の桜の名所・吉野山にちなんだ名前の付け方で、ブランド戦略の一種なのだろう。JR駒込駅の近くには、発祥の地をPRする記念碑もある。

 ソメイヨシノの名前が初めて文献に記録されたのは1900年(明治33年)にさかのぼる。東京帝室博物館(現在の東京国立博物館)の藤野寄命という人物が、日本園芸会雑誌で命名を報告した。上野公園に多く植えられていた「吉野桜」とされる桜を詳しく観察したところ、吉野山に多いヤマザクラとは花と葉の形態が異なっていることに気がついた。吉野桜と呼ばれているが本当は違うのではないか。藤野はそう考えた。そして、染井村から売り出された吉野桜という言い伝えを古老から聞き、二つの名前を合わせて「ソメイヨシノ」と名前をつけたのが始まりだった。

成長早く、花が大きく、見栄えよし

 ソメイヨシノの増殖は接ぎ木の手法をとっている。増やしたい親木から「穂木」という枝を切り、台木につなぎ合わせて育てるやり方だ。木が大きくなったら、そこからまた穂木を採取して接ぎ木して育てる、という手順を繰り返していくため、全国のソメイヨシノは遺伝子がどれも同一のクローンだ。ソメイヨシノ登場以前に桜の代名詞だったヤマザクラは、花見ができるほど多くの花がつくサイズ(高さ10メートル前後)まで成長するのに10年はかかるが、ソメイヨシノは5年ほどで見栄えのするサイズに育つ。成長が早くて花が大きく見栄えがいい。この特徴は花見の名所を作る側からすれば好都合だ。これが明治時代以降、ソメイヨシノが全国に普及した理由とされている。

1

2

3

4

無断転載禁止
431999 0 深読み 2017/03/19 10:53:00 2017/03/19 10:53:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170317-OYT8I50023-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ