<速報> 「地面師」グループの男女数人逮捕…積水ハウス55億円被害
    文字サイズ
    生活

    方眼ノート人気 理由は“懐の深さ”?

    文具プランナー 福島槙子

    方眼ノートはどう選ぶ?進化系方眼ノートも続々登場

     とはいえ、方眼ノートならどれでも良いというわけではない。やはり自分の用途や好みにマッチするものを選ぶことが重要だ。

     最近では方眼ノートの種類もぐっと増え、自分に合う一冊を選びやすくなっている。選ぶ時は主にノート自体のサイズや方眼罫のサイズ、紙質、とじ方などが大きな要素になるが、何を選べばいいかわからない人はまず「大人キャンパス」(コクヨ)から使ってみてはいかがだろう。学生時代の定番だった「キャンパスノート」の社会人向けラインで、慣れ親しんだデザインがシックな黒ベースになり、ビジネスシーンでも使いやすい。薄いグレーの5ミリ方眼罫、上部にはタイトルや日付を書き込む欄がある。

     同じグレーの5ミリ方眼系でも「ノーブルノート」(LIFE)は書き心地のよい、やや黄味がかったオリジナル用紙が使われている。こちらは用紙の全面に方眼罫が印刷されていて、レトロな表紙デザインも特徴だ。大学ノートの代名詞とされるツバメノートの方眼罫タイプも全面印刷で、紙質にもこだわりがある。

    • (左から)「ツバメノート」「大人キャンパス」「ノーブルノート」「レクト」「カ.クリエA4×1/3サイズ」
      (左から)「ツバメノート」「大人キャンパス」「ノーブルノート」「レクト」「カ.クリエA4×1/3サイズ」

     一般的な5ミリ方眼罫以外にも様々なサイズの方眼罫があるが、自分にぴったりのサイズを探したいという人には「レクト」(神戸派計画)を勧めたい。こちらの方眼ノートは1ミリから8ミリまで、1ミリ刻みの方眼罫をラインアップしているので、用途や好みに合わせてサイズを選ぶことができる。「1ミリや2ミリの方眼罫はパッチワークのデザインを考える時に便利だと好評です。4ミリ方眼が最も人気で、3ミリ方眼は3の倍数を多用する建築関係の方々に需要があります」(同社・多田智さん)と、確実にニーズはあるようだ。

     中には「方眼罫を見ていると目がチカチカする」という人もいるだろう。方眼罫の印刷色が濃いノートはそうなりがちで、紙の色(真っ白か、黄味がかっているか)や罫線の印刷色(グレーなのか、他の色なのか)によっても見え方は変わってくる。方眼ノート以外の文房具にも言えることだが、ぜひ実際に売り場を訪れて実物を手に取り、眺めながら自分に合うものを選んでみてほしい。

    あわせて読みたい
    日本人はなぜアナログ手帳を使い続けるのか?
    少子化、経費節減…それでも元気な「日の丸文具」

    2017年06月08日 10時42分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP