名古屋「レゴランド」緊急値下げと次の一手

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「狭い割には入場料が高い」「飲食物が持ち込めないし、食べ物の値段が高い」――。今年4月、名古屋市にオープンした大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」に、利用者から厳しい意見が相次いでいる。鳴り物入りの日本上陸からわずか2か月で、運営会社は急きょ、事実上の値下げを余儀なくされた。批判を乗り越え、東京ディズニーリゾート(TDR)、や、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と並び立つことができるのか。

「値段の割には……」「もう来ません」

レゴランド・ジャパンの入口
レゴランド・ジャパンの入口

 レゴランドは、世界中で親しまれるデンマークのブロック玩具「レゴ」で彩られたテーマパークだ。同様の施設は本家デンマークのほか、イギリスやドイツなど世界7か国にあり、日本には名古屋港に面した金城ふ頭(名古屋市港区)に初お目見えした。

 敷地面積は東京ドーム約2.5個分に当たる9.3ヘクタール。約1700万個のレゴブロックで組み立てた動物や人形など約1万体が立ち並ぶほか、東京スカイツリーや金閣寺、姫路城などをレゴで精密に再現した「ミニランド」など、大人の目を楽しませる展示物もある。高さ約60メートル、園内を一望できる展望施設の「オブザベーション・タワー」やジェットコースターの「ザ・ドラゴン」など、約40のアトラクションも備えている。

 運営会社の「レゴランド・ジャパン」(本社・名古屋市、トーベン・イェンセン社長)が掲げる初年度の目標利用者数は200万人。TDRの年間利用者数である約3000万人、USJの同1400万人に比べれば控え目にも見える。開業後、初めて迎えたゴールデンウイークには、海底探検をイメージした「サブマリン・アドベンチャー」が4時間待ちになるなど、集客は順調だという。

 しかし、この勢いがどこまで続くかは不透明だ。現地を訪れてみると、利用者の多くが口々に不満を訴えていた。

 最も大きかったのは、料金に対する不満の声だ。入場料とアトラクション利用料をすべて含んだ「1日券」は、大人が6900円、3歳から12歳までの子どもは5300円(各税込み)。TDRやUSJに比べ、大人料金では500~700円ほど安いが、子どもは逆に200~500円高くなる。

◆レゴランド・ジャパンとTDR、USJの比較
施設名レゴランド・ジャパン東京ディズニーランド東京ディズニーシーUSJ
1日料金・大人6900円7400円7400円7600円
1日料金・子ども5300円4800円4800円5100円
年間パスポート料金・大人17300円63000円(※93000円)22800円
年間パスポート料金・子ども13300円41000円(※60000円)16800円
入場者数200万人3000万人1460万人
敷地面積9.3ヘクタール51ヘクタール49ヘクタール54ヘクタール
料金はいずれも税込み。入場者数はレゴランドが今年度の目標値。東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの合計とUSJは2016年度の数字
※は東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの両方で使える年間パスポート料金

 敷地面積を比べると、レゴランドは東京ディズニーランドやディズニーシー、USJに比べ、約5分の1しかない。また、アトラクションの多くは子ども向けで、いわゆる「絶叫マシン」などの猛スピードやスリルを売りにした施設も備えていない。5歳の長男とともに訪れていた同市千種区のスポーツジム経営、家田一磨さん(41)は「すぐに(園内を)一周できてしまい、狭く感じた。大人が楽しめるアトラクションがない割には、料金が高い」と不満をあらわにした。

 もちろん、かわいらしいキャラクターたちに会うのも、テーマパークならではの楽しみだ。レゴランドでは、レゴをモチーフにした人間型の「バディ」が来場者を迎えてくれる。しかし、家田さんは「ディズニーランドやUSJのキャラクターなら知っているが、レゴランドのキャラクターは知らない。近寄ってきたけど、正直、『お前、誰やねん?』と思った。世界観に入れなかった」とこぼした。確かに、圧倒的な知名度を誇るミッキーマウスやハリー・ポッターに比べれば、「バディ」は分が悪そうだ。

ミニランドに再現された渋谷のスクランブル交差点
ミニランドに再現された渋谷のスクランブル交差点

 飲食に関する不満も多かった。園内にはレストランのほか、レゴの形をしたフライドポテトなどを売る売店がある。ポテトは一箱450円(税込み)。大手ハンバーガーチェーンならLサイズほどの大きさだが、値段は100円以上高い。名古屋市千種区の主婦(43)は「食べ物は総じて内容に比べて値段が高い」と不満を漏らす。最寄りの駅からレゴランドまでの道沿いには大型商業施設があり、飲食店も入っているが、1日券では園を出ると再入場できないシステムのため、昼食などに利用できるのは「年間パスポート」を持っている人だけ。この主婦は「もう来ません」とはき捨てた。

【あわせて読みたい】
「あこがれの温泉1位」由布院、人気の“源泉”
「かっぱ」は浮かび上がれる?回転寿司業界の混沌
「マクドナルド・ブランド再生物語はホンモノ?」

1

2

3

430242 0 深読み 2017/06/24 07:58:00 2017/06/24 07:58:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170620-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ