読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ひふみん」引退、レジェンドは終わらない

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「ひふみん」こと将棋の加藤一二三九段(77)が現役を引退した。升田幸三・実力制第四代名人、大山康晴十五世名人から羽生善治三冠、佐藤天彦名人、藤井聡太四段まで、そうそうたる棋士たちと戦ったレジェンドである。今はテレビ番組でひっぱりだこの「ひふみん」だが、盤上にも大きな足跡を残した。「読売プレミアム」の取材でお会いして以来、計18時間以上に及んだインタビューなどをもとに、棋士・加藤一二三が62年10か月にわたる現役生活で追い求めてきたものに迫った。

予告された結末

高野四段との竜王戦6組昇級者決定戦に敗れ、無言で対局室を後にする加藤九段(6月20日)
高野四段との竜王戦6組昇級者決定戦に敗れ、無言で対局室を後にする加藤九段(6月20日)

 「ああ、こういうことだったのか」

 6月20日午後8時10分、東京・千駄ヶ谷の将棋会館の記者控室でモニターを通して対局の様子を見ていた私は、思わず声を上げた。

 この日、加藤九段は竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)と、負ければ引退の大一番を戦っていた。戦いは勢いの差が出た形となり、終始、高野四段のペースで進んだ。敗れた加藤九段はそそくさと席を立ち、報道陣を振り切って対局室を出た。私はあわてて階下に走ったが、加藤九段を乗せたタクシーは将棋会館を出た後だった。

 対局の最終盤に加藤九段が20分近く席をはずしたこと、部屋に戻った時にふすまを開けてかばんを取り出し、自分の脇に置いたことの意味が、この時わかった。

 その2日前の18日、トークショーで東京・吉祥寺の将棋道場「将棋の森」を訪れた加藤九段は「あさって、対局後の記者会見は行いません。後日、個別の取材には対応します」と宣言していた。もちろん、勝って自らの最年長勝利記録(77歳0か月)を更新するつもりで対局に臨んだはずだが、負けたらこうすることは決めていたに違いない。

【あわせて読みたい】
将棋界のレジェンド・ひふみん引退
藤井聡太四段、歴代単独1位の29連勝なるか
藤井フィーバー、指すだけではない将棋の楽しみ方
19連勝の藤井四段、プロはどう見ているのか

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
430188 0 深読み 2017/06/26 12:33:00 2017/06/26 12:33:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170626-OYT8I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)