「指切り」が起源? 「結婚指輪」の深~い事情

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6月といえば「ジューン・ブライド」。結婚式のメインイベントの一つに「指輪の交換」があるが、既婚者のみなさんはその後、結婚指輪をつけたままだろうか。もしうっかりなくしてしまったら? あるいは、妻(夫)が突然指輪を外したら? 普段はあまり意識しないが、考え出すといくつもの「どうする」が頭をよぎる。日本人の心に深く浸透しているように思える「愛×指輪」事情を、フリーライターの阿部祐子さんが探った。

30代男性「新婚旅行先で、海に沈んだ結婚指輪」

結婚指輪に対する考え方は人それぞれだ
結婚指輪に対する考え方は人それぞれだ

 「指輪が外れていく感覚があったんです。しまった、という気持ちでいっぱいになりました」と肩を落とすのは会社員のNさん(30代・男性)だ。モルディブへの新婚旅行で、ダイビング中に指輪をなくしてしまった。挙式の3日後のことだ。

 「結婚式で指輪を交換して以来、外していませんでした。水圧のせいかもしれませんが、とにかく信じられませんでした」

 アートに詳しい妻と東京・銀座のセレクトショップで選んだプラチナの指輪だった。つやを抑えたマットな見た目で、特に気に入っていた。水上コテージで待っていた妻には「どう伝えたか覚えていない」という。

 「妻は、私があまりにショックを受けていたこともあったせいか、許してくれました。でも、私自身、なかなかあきらめがつきません。お金の問題ではないんです。入籍し、結婚を誓い合ってからほとんど外していなかった。それが大きいんですよね」

Nさんが指輪をなくしたというモルディブの海
Nさんが指輪をなくしたというモルディブの海

 Nさんはその後も、妻に「サンゴ礁を見に潜ってくる」と言っては、何度も海に入り指輪を探し続けていた。しかし、結局見つからなかったという。

 それから1か月あまり。夫婦で指輪を話題にすることはなかったが、Nさんは「きっかけがあれば、またお互いに指輪をプレゼントし合いたい。私のものだけを買うのは違うと思うんです。二つそろっての結婚指輪ですから」と話す。

【あわせて読みたい】
男性の知らない「女性脳」の秘密とは?
身に覚えのない痴漢、世間の対処法は通用しない
「なぜか仲良くなれない…」丁寧語・敬語の“盲点”

1

2

3

4

5

430136 0 深読み 2017/06/28 18:00:00 2017/06/28 18:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170628-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ