星野リゾートがディープな大阪に進出する「ホンマの理由」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リゾートホテルや高級旅館の運営などで有名な「星野リゾート」(本社・長野県軽井沢町)が、2022年、大阪・JR新今宮駅北側に、観光客をターゲットにした都市型の大規模ホテルをオープンする。星野佳路代表は、新ホテルの予定地周辺を「ディープな大阪」と評するが、なぜこの地への進出を決めたのか。フリーライターの南文枝さんが現地を歩いて取材した。

30年以上「塩漬け」の“一等地”に進出!?

新今宮に建設予定の新ホテルのイメージ図(星野リゾート提供)
新今宮に建設予定の新ホテルのイメージ図(星野リゾート提供)

 今年6月、大阪市浪速区の予定地へ行ってみた。

 JR新今宮駅で電車を降りると、ホームから、ぽっかりと空いた広大な土地が見える。面積は、約1万4000平方メートル。周りをフェンスで囲まれた土地には草が生い茂り、駐車場として使われた名残の舗装跡が残っている。

建設予定地周辺の地図
建設予定地周辺の地図

 もともとは、化粧品会社や金属会社の工場があった土地だ。市が昭和50年代、公園用地として取得した。昭和30~40年代にかけて、市内で子どもの数が急増、予定地近くの公園用地に中学校を建設することになり、その代替地が必要になったためだ。だが、取得後は公園として整備されることはなく、具体的な用途が定まらないまま、事実上、「塩漬け」の状態が続いていた。一時的に警察署の仮庁舎や臨時駐車場などにも使われたという。

 そうした中、今年3月、市の開発事業者公募で、星野リゾートが提案したホテルの建設計画が採用されたのだ。

 同社が市に提出した計画では、新しく建設するホテルは20階建てで、客室数は約600室。温浴施設や大阪の食文化を楽しめるレストランを設け、駅側にはホームから見渡せる緑の広場を作るという。街歩きやたこ焼きづくりなど、大阪の歴史や文化に触れるサービスも行う予定だ。宿泊価格帯は未定だという。

 予定地からは、大阪のシンボル的存在である「通天閣」や串カツで有名な繁華街「新世界」までは徒歩で約5分。20分ほど歩けば、300メートルの日本一高いビル「あべのハルカス」や、天王寺公園の芝生広場「てんしば」に着く。近くにはJRや南海電鉄、阪堺電車、地下鉄の駅があり、関西空港から鉄道で約40分、JR新大阪駅からは約25分という好立地だ。

 星野社長は今年4月に開かれた記者会見で、新今宮に進出する理由として、空港やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)など観光スポットへのアクセスのよさに加え、「大阪に自分がいる、と自覚できる」という街の雰囲気などを挙げた。

 新今宮駅を挟んで南側には、日雇い労働者の街として知られる「あいりん地区」もある。だが、星野リゾートの広報担当者は「新世界も観光地として知名度が上がり、てんしばエリアにはおしゃれなカフェやレストランが連なるなど、(周辺の)印象はだいぶ変わってきている。新ホテルがこの流れをさらに加速させ、にぎわいを創出できれば」とイメージ刷新に意欲的だ。

【あわせて読みたい】
名古屋「レゴランド」緊急値下げと次の一手
完全個室、マッサージ…最近は寝られる「夜行の旅」
「あこがれの温泉1位」由布院、人気の“源泉”
「日本ワイン」人気急上昇!陰で支える“主役”たち

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
430046 0 深読み 2017/07/05 05:20:00 2017/07/05 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170704-OYT8I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ