「残業ゼロ」でも「帰りたくない」という大問題

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 終業時間が過ぎても会社に残っている。出先から直帰すると思ったのに、遅くなって会社へ戻ってくる。休日にもかかわらず出社する――。こうした長時間労働や休日出勤に厳しい目が向けられ、奨励される「働き方改革」。そんな中、「会社にいづらくなってしまった」と困っている男性たちがいる。さっさと帰宅すればいいのに、その足取りは重い。なぜ、自宅に帰れないのか。夫婦問題カウンセラーの小林美智子さんが、実際の相談例をもとに解説する。

イクメンになるつもりだったのに

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 「妻はなんでも一生懸命やるタイプで、自分は少々大ざっぱな性格です。5年前に子供が生まれた頃から、妻がイライラするようになりました。初めての子育てで、いろいろ大変だろうと思い、家事や育児に協力するようにしていました。世に言う“イクメン”です」

 先月、相談に訪れた結婚8年目の神奈川県在住Sさん(37)は、うつむきながら話し始めました。せっかく、イクメンになろうと意欲を燃やしていたのに、Sさんの熱意は空回りしてしまったからです。

 「洗濯物のたたみ方が違う」

 「食器をしまう場所が間違っている」

 妻から、やることなすこと文句ばかり言われます。かえって妻の手をわずらわせることもありました。そこで、Sさんは考え方を切り替え、頼まれたこと以外はやらないようにしたそうです。

会社にもいられなくなった

 すると今度は、「なんでも私がやるのが当たり前だと思っているんでしょ!」と怒りをぶつけられたそうです。

 「自分が家にいることで、妻をイライラさせてしまっている」

 負い目を感じたSさんは、遅くまで会社に残るようになりました。特に仕事があるわけでもないのに、休日も会社に顔を出すようになったそうです。

 ところが、最近になって、会社は残業や休日出勤を厳しく管理するようになりました。また、「働き方改革」で定時退社が励行されるようになりました。休日出勤をする場合は、理由書を提出しなければいけなくなってしまったそうです。

 仕方なく定時に退社するようになったものの、Sさんの足は自宅へ向かいません。駅のベンチに腰掛け、電車が行過ぎるのをぼーっと眺めます。近くの公園で缶コーヒーを飲みながら、スマホゲームで時間をつぶすこともあります。

 自宅の明かりが消えるのを待ってから、そっと玄関を開けるそうです。「いつまでこんな生活が続くのだろう……」。Sさんは、ぼそっと漏らしました。

【あわせて読みたい】
「残業ゼロ」でも「趣味ゼロ」という大問題
男性の知らない「女性脳」の秘密とは?
ソロに戻るリスク…「昭和夫」は捨てられる?

1

2

3

4

5

無断転載禁止
429706 0 深読み 2017/07/21 07:21:00 2017/07/21 07:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170718-OYT8I50039-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ