文字サイズ
    地方

    スタバもなんのその!「ご当地カフェ」人気のワケ

    経済ジャーナリスト 高井尚之
     スターバックスコーヒー、ドトールコーヒー、コメダ珈琲店……。全国のターミナル駅や幹線道路沿いなどで目にするコーヒーチェーン店が人気を集める一方、地方には地元で知らない人がいないほど存在感を放つカフェが存在する。なぜ、ご当地カフェに根強い人気があるのか。経済ジャーナリストの高井尚之氏がその秘密を探る。

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     喫茶店は、最盛期の15万4630店(1981年)から、6万9983店(2014年)に半減した(総務省調査をもとにした全日本コーヒー協会の発表資料)。

     その理由の一つに、大手チェーン店の拡大が挙げられる。低価格やテイクアウトで手軽に楽しめるスタイルは、古き良き「街の喫茶店」を追いやった。

     国内店舗数は1位のスタバが1304店(2017年9月末現在)。次いで、ドトールが1121店(同)、コメダが764店(2017年8月末現在)で続く。この3強だけで3200店近くある一方、個人経営のコーヒーショップは後継者不足や売り上げ不振で閉店を余儀なくされるケースも多い。

     だが、全国には大手チェーン店より存在感を放つ「個人店」(株式会社でも店舗数が多くない個人経営の店)がある。地方で気を吐くカフェの人気の秘密を探ってみたい。

    茨城最強のカフェ

     都道府県の魅力度をランキングする「地域ブランド調査2017」(ブランド総合研究所)で5年連続最下位となった茨城県に、コーヒー業界の注目を集めるカフェがある。

     今年9月に実施されたバリスタ(コーヒー職人)の技術を競う「ジャパンバリスタチャンピオンシップ」で、決勝進出者6人のうち3人が「サザコーヒー」(茨城県ひたちなか市)の従業員だった。2年連続準優勝の本間啓介さん、5位に入った飯高亘さん、6位の安優希さんは決勝進出者で最年少の22歳だ。

     県内に9店舗、東京都内に2店舗、埼玉県内に1店舗を展開するサザの繁盛振りは、ひたちなか市内に出店したスタバやコメダに引けを取らない。JR水戸駅構内で直接対決するスタバには、売り上げで勝ることも多いという。

    【あわせて読みたい】
    セブンイレブン4回の失敗からコーヒー20億杯
    スタバ、タリーズの次に来るもの~和風コーヒー店の逆襲
    スタバでバイトは就活にメリット?

    2017年11月23日 08時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集