広がる「猫ブーム」に潜む危うさとは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今年は戌年。しかし世間では犬ブームは下火になり、今度はじわじわ「猫ブーム」が広がっている。テレビやインターネット上では頻繁に猫の特集が組まれたり、猫の動画や写真が投稿されたりして、ブームは過熱ぎみだ。その経済効果の大きさから「ネコノミクス」という造語まで登場した。しかし、その裏で猫の命を軽く扱う業者が 跋扈(ばっこ) するなどの「危うさ」も指摘されている。業界全体に詳しいペットジャーナリストの阪根美果さんが詳しく解説する。

ついに飼育頭数で犬を抜く!

写真はイメージです
写真はイメージです

 一般社団法人ペットフード協会が2017年12月に発表した同年の犬猫飼育実態調査によると、飼い主へのインターネットアンケートや、ペットフードの販売量などいくつかのデータから推定した国内の猫の推定飼育数は、前年から21万7000匹増えて952万6000匹になりました。一方、犬は43万6000匹減の892万匹で、1994年の調査開始以来、初めて猫が犬を上回ったのです。

 同協会の調査結果ではここ数年、猫の飼育数は横ばいか微増で推移しています。しかし、協会は猫の場合は主に屋外に出して飼っている「外猫」の数は含まないとしており、その数は相当数いると見られます。

 さらに、画像共有型のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)・インスタグラムのハッシュタグは同年12月下旬時点で「#犬」約954万件、「#いぬ」205万件に対し、「#猫」は約1836万件、「#ねこ」は約1388万件にのぼります。運営元の米フェイスブック社が発表した「17年に日本で人気があったハッシュタグ」でも「#猫」「#ねこ」がトップでした。グーグルの検索件数も、日本語では「猫」が「犬」を圧倒しています。

 このような状況からも「犬ブーム」に代わって「猫ブーム」がじわりと広がっていることがわかります。


 「猫は散歩させる必要がなく、飼育の手間がかからない」


 「犬に比べて飼育費が少ない」


 「狭い住宅環境でも飼える」


 こういった理由からも猫を選ぶ飼い主も多いようです。


 昔は猫を飼うきっかけと言えば、「捨て猫を拾ってきた」「近所の家で生まれた子猫をもらってきた」というのが”定番”でした。しかし、ブームによって、高価な純血種の子猫を購入する愛猫家も増えてきました。

【あわせて読みたい】
・野良猫に触るのは危険!「死に至る病」感染の恐れも
・トラブルも勃発?「ドッグラン」を犬と楽しむ方法
・動物専門医が指摘する「間違った犬のケア」とは?

1

2

3

4

5

無断転載禁止
1933 0 深読み 2018/01/07 07:00:00 2019/02/06 15:06:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20171228-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ