今年こそ『源氏物語』…あなたが選ぶ現代語訳は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 紫式部によって書かれた『源氏物語』には、作家を引き寄せる魔力があるのかもしれない。明治時代から多くの作家らが、魅入られるように現代語訳に挑んできた。昨年9月には、角田光代の現代語訳『源氏物語』の上巻(河出書房新社、『池澤夏樹=個人編集』 日本文学全集)が出版され、その系譜に新たな一冊が加わった。新しい現代語訳が出るたびに違った顔を見せる『源氏物語』。それぞれの魅力を東京学芸大学の河添房江教授に解説してもらった。どれか一冊を手に取れば、あなたも『源氏物語』の世界に魅了されるはずだ。

世界中で愛される『源氏物語』

滋賀県大津市の石山寺にある紫式部像。紫式部は『源氏物語』を石山寺で起筆したという伝説が残っている
滋賀県大津市の石山寺にある紫式部像。紫式部は『源氏物語』を石山寺で起筆したという伝説が残っている

 現在、『源氏物語』が世界でどれくらいの言語に翻訳されているか、ご存じだろうか。答えは、何と33の言語に訳されているのである(伊藤鉄也氏「海外源氏情報」のサイト)。英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語はもちろん、リトアニア語、タミル語といった言葉もある。世界最古の長編小説と言われる『源氏物語』は、世界各地の人々に読まれていることがわかる。

 日本語の現代語訳も、明治から大正にかけての与謝野晶子の『新訳源氏物語』にはじまり、昭和に入ると同じく晶子の『新新訳』と谷崎潤一郎の三つの訳が有名である。戦後の現代語訳も円地文子や田辺聖子、平成に入っても橋本治、瀬戸内寂聴、大塚ひかり、林望と続いている。『源氏物語』はその時代にフィットする形で何度も訳されているのである。

【あわせて読みたい】
より深い理解と感動へ、英語で読むカズオ・イシグロ
英語で読めばわかるボブ・ディランが愛される理由
ノーベル賞期待のハルキ文学、原文とは違う英訳本の魅力

1

2

3

4

無断転載禁止
2615 0 深読み 2018/01/11 10:19:00 2018/01/11 10:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180109-OYT8I50055-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ