就活、空前の売り手市場なのに内定ゼロ…なぜ?

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「親に反対されて内定を辞退した」「内定を一つももらえなかった」――。2018年3月に卒業する大学生の中から、こんな残念な声が漏れ聞こえてくる。企業側が新卒の採用を積極的に行う「売り手市場」とされる昨今の就職環境。にもかかわらず、なぜ、就職活動に失敗してしまったのか。大学生の失敗談をもとに、採用コンサルタントの谷出正直氏が解説する。

なんとかなるでしょ?

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 いよいよ、3月1日から企業エントリーが始まり、2019年3月に卒業する新卒学生向けの就職活動がスタートすることになります。

 ここ数年、企業の採用意欲が高いまま維持されているので、今年も学生が優位な「売り手市場」の就職環境になると予想されます。

 「就活に不安はあるけれど余裕だと思う!」

 「売り手市場なんで、なんとかなるでしょ!」

 学生の話を聞いてみると、こんな楽観的な声がチラホラ聞こえてきます。果たして本当にそうでしょうか?

 先輩の就活体験談や失敗談をもとに、納得のいく就活を行うポイントをお伝えしたいと思います。

1

2

3

4

9267 0 深読み 2018/02/27 07:22:00 2018/02/27 07:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180223-OYT8I50005-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ