王者セブンに一矢……ローソンの戦略とは?

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ローソンが、コンビニエンスストア業界で圧倒的な存在感を持つセブン-イレブンを日販(全店舗の1日当たりの平均売上高)で追い上げ始めている。ローソンが勢いづく背景には、「健康ブーム」に乗る戦略が奏功しているとの指摘がある。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏が解説する。

「マチの健康ステーション」

新潟・佐渡島に初出店したローソン(2月15日、新潟県佐渡市で)
新潟・佐渡島に初出店したローソン(2月15日、新潟県佐渡市で)

 ローソンが2013年、スローガンを「マチのほっとステーション」から「マチの健康ステーション」へと変更したことは、意外に知られていない。新たなスローガンのもと、健康関連の商品や医薬品の販売などを通じ、顧客の健康をサポートする方針を打ち出した。

ローソンの大ヒット商品「ブランパン」
ローソンの大ヒット商品「ブランパン」

 同じ頃、ローソンの健康関連の商品が話題を集め始めた。12年6月から、糖質が少なく食物繊維などを多く含む「ブラン(穀物の外皮)」を使用した「ブランパン」を発売。シリーズで累計1億5000万個以上を販売する大ヒット商品となった。

 低カロリーで、野菜をふんだんに使った「グリーンスムージー」もヒット。こちらもシリーズで累計8700万本以上を販売した。

1

2

3

4

10338 0 深読み 2018/03/02 07:20:00 2018/03/02 07:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180301-OYT8I50004-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ