「設楽の弱い方」がマラソン日本新を出すまでの道

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2月25日に行われた東京マラソンで、 設楽(したら) 悠太(26)が2時間6分11秒をマークして、男子マラソンの日本記録を16年ぶりに塗り替えた。双子の兄・啓太や同学年のスター選手・大迫傑の背中を見続け、どちらかと言えば目立たない存在だったが、異色のスタイルを確立して躍進につなげた。2020年東京五輪に向けて、日本マラソン期待の星に成長するまでの軌跡をたどった。

「ふくらはぎがズキズキしていた」

東京マラソンで2時間6分11秒の日本新記録を出した設楽悠太(2018年2月25日、代表撮影)
東京マラソンで2時間6分11秒の日本新記録を出した設楽悠太(2018年2月25日、代表撮影)

 「2時間9分0秒」

 大会2日前の招待選手記者会見で、設楽悠太はボードにそう目標タイムを書き込んだ。わずか1か月前には、高岡寿成(現カネボウ監督)が2002年に記録した従来の日本記録を6秒上回る「2時間6分10秒」を掲げていたから、これには驚いた。

 設楽本人は理由について、「記録ではなく、勝負にこだわる。9分以内で必ず走るということであって、6分台の可能性もあるということで、お楽しみに」と説明を加えたものの、真意を測りかねた報道陣は、故障や調整失敗の可能性も疑った。

 だが、それは杞憂(きゆう)だった。

 序盤は第2集団で自重したが、12キロ過ぎで先頭集団に合流すると、中間点は、初マラソンだった前年の大会より約48秒遅れで通過した。何も分からずハイペースで突っ込み、30キロ以降に失速した経験を生かした。

 31キロでペースを上げた海外勢をあえて追わず、36キロ過ぎの折り返しからギアチェンジ。日本人トップを走っていた井上大仁(ひろと)らを次々とかわし、残り2キロを切ったところで、ついに2位まで浮上した。

 最後は日本新を確信してガッツポーズでゴールイン。自己記録を一気に2分52秒も更新した。設楽は「後半は過去2回のマラソンと比べて、余裕度が全然違った」と述べる一方で、「10キロぐらいからふくらはぎがズキズキして、ゴール直後に痛すぎて倒れた」とも話し、痛みとの戦いもあったことを明かした。

1

2

3

4

11283 0 深読み 2018/03/10 09:00:00 2018/03/10 09:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180306-OYT8I50033-1.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ