読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都内新築マイホーム…平均世帯年収で買えるのか?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

手取り月約50万、住居費は16万…残り34万円

写真はイメージです
写真はイメージです

 住宅金融支援機構の「2016年度フラット35利用者調査」によると、東京都の土地付き注文住宅の平均価格は5629万円、マンションの平均購入価格は5135万円となっている。

 モデル世帯が購入しようとする物件は、平均価格よりは安い5000万円(諸経費なども含む)とし、自己資金1000万円を用意していると設定した。

 この場合、4000万円の住宅ローンを金利1%、25年間返済で組むと、毎月の返済額は15万748円となる。

 これを世帯年収の約730万円でどうやりくりするか、シミュレーションしてみたい。

給料から税金や社会保険料などを引いた可処分所得は、1か月当たり49万7037円。毎月の住宅ローンの返済と維持費(マンションの場合の管理費など)を合わせた住居費は16万円程度となる。残るのは約34万円だ。

生活費は平均で月18万5000円の支出…残り16万円

 この34万円から、生活していれば必ず必要となる「水道光熱費」や「食費」などを差し引く。総務省の調査では、2人以上の世帯(平均世帯人数3.41人)の水道光熱費の平均は月あたり2万363円、食費は7万5042円で合計9万5405円となる。

 スマートフォンや携帯電話にかかる費用や交通費なども、ほぼ不可欠といえるだろう。交通・通信費の平均は5万4455円。同じく、生活に欠かせない医療費や家事に使う消耗品、被服代などの合計は3万6747円だ。

 これらを合計すると、生活維持に必要な平均的な出費は約18万5000円。残りは15万5000円となった。

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
14191 0 深読み 2018/03/27 05:20:00 2019/01/22 16:02:34 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180323-OYT8I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)