文字サイズ
    経済

    白物家電好調…でも日本メーカーに「弱点」あり

    フリー編集者 滝田勝紀
     日本電機工業会(JEMA)の発表で、2017年度のエアコンや洗濯機などの「白物家電」の国内出荷額が、消費増税前の駆け込み需要が重なった13年度を除き、過去20年で最高となった。国内のメーカーは一見好調に見えるが、家電に詳しいフリー編集者の滝田勝紀氏は「弱点がある」と指摘する。

    「国内出荷額」は好調

    • 昨夏は猛暑でエアコンの売り上げが伸びた(昨年7月、東京都のビックカメラ池袋本店で)
      昨夏は猛暑でエアコンの売り上げが伸びた(昨年7月、東京都のビックカメラ池袋本店で)

     JEMAの発表によると、白物家電の国内出荷額は前年比1.7%増の2兆3664億円。1998年度以降、消費増税の駆け込み需要で伸びた2013年度を除いた最高額を記録した。

     品目別ではエアコンが同5.8%増の7343億円、洗濯機が同2.1%増の3358億円、冷蔵庫も同0.9%増の4295億円となった。高価格の大型家電が出荷額の6割強を占め、全体を先導している。

     JEMAは「高価格な高機能製品も、機能を絞った低価格製品も好調」(調査統計課)と分析。19年10月に消費税が10%へと予定通り引き上げられる可能性は高く、この傾向は18年度以降も続くと筆者は予測している。

     全国の大手家電量販店の販売データを取りまとめるGfKジャパンも、「17年の生活家電市場は、大型生活家電の伸長により、前年の規模を上回った」とした。

     販売台数別のデータを見てみると、エアコンは前年比5%増の830万台、洗濯機は同2%増の490万台。こちらは冷蔵庫も同1%増の430万台とわずかではあるものの4年ぶりに伸びた。また、掃除機は830万台と前年並みだったが、コードレススティック型に限ると前年比18%増、ロボット掃除機が同8%増と販売台数を増やしている。

    2018年04月24日 07時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集