日本代表守護神・川島永嗣が7か国語を操れるワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本のサッカー選手が、次々と海外に挑戦して活躍するのが当たり前になった。だが、ゴールキーパー(GK)は、守備の中心として味方に指示を出すことから、言葉の壁があり、活躍は難しかった。しかし、日本代表の守護神・川島永嗣(メス)は7か国語を習得し、成功を手にした。彼はこの経験を生かして全てのスポーツ選手を対象にした語学支援プロジェクトを立ち上げ、語学の壁を克服するための支援している。日本代表に密着取材する元川悦子氏に、川島が7か国語を操れるようになったわけを解説してもらった。

7か国語を操る川島

ワールドカップ出場を決めて喜ぶ川島(2017年8月31日)
ワールドカップ出場を決めて喜ぶ川島(2017年8月31日)

 川島は日本語以外に、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語については、日常会話はもちろん、報道陣からの質問にも普通に答えられる。加えて、ポルトガル語とオランダ語でもピッチ上の味方に指示を出して動かせるレベルにある。

 日本人GKとして初めて欧州5大リーグの一つであるフランス1部リーグのメスで守護神の座を獲得したのは、その国やチームに合った言語で的確な指示を出す能力があったからだ。

 日本代表の海外組は、外国語を身につけた選手が少なくない。英語でメディア対応ができる吉田麻也(サウサンプトン)や本田圭佑(パチューカ)、ドイツ語を話せる長谷部誠(フランクフルト)、イタリア語によるコミュニケーションに支障のない長友佑都(ガラタサライ)らだ。しかし、7か国もの言語を自在に操れるのは川島だけ。これは特筆すべき能力と言っていい。

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
21125 0 深読み 2018/05/04 05:20:00 2019/01/22 16:05:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180501-OYT8I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ