ピカチュウは大福? 初めて明かされる誕生秘話

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大福の「名残り」も……

――「大福」の時には、ほお袋はなかったということですね。

にしだあつこさん 『ポケットモンスター 赤・緑』でキャラクターデザインを担当したピカチュウのデザイナー。現在はフリーのイラストレーターとして、『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターデザインにも参加(イラストは杉森氏作成)
にしだあつこさん 『ポケットモンスター 赤・緑』でキャラクターデザインを担当したピカチュウのデザイナー。現在はフリーのイラストレーターとして、『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターデザインにも参加(イラストは杉森氏作成)

にしだ ないです! 大福の時に(ほお袋は)存在しなかったんです! (可愛くする過程で)ほっぺたに「ためる感」を出したかったので(追加しました)。とはいえ、リスを参考にしたのは、ほおだけで、それ以外は自分が可愛いと思ういろいろなパーツを組み合わせていきました。

――耳の先などは黒いですよね。

にしだ それは、たぶん大福の時の名残りです。

――体が黄色になった経緯を教えてください。

杉森 ゲームボーイって(白黒しか)色がなかったんです。だから、(「赤・緑」の)開発当初はポケモンにも完全に色がなかったんです。白黒で表現するので、(ドット画のような)塗り分けになったんです。

 ゲームの開発中(の1994年)に「スーパーゲームボーイ」という、(当時大人気だった任天堂の家庭用ゲーム機である)スーパーファミコンに差すと、ゲームボーイのソフトをテレビでも遊べるようになるアダプターが発売されました。

 スーパーゲームボーイでは(ゲームに)疑似的に着色する機能があって、その時に初めてポケモンに色を付けるのが可能になったんです。色を決めたのは僕で、黄色というのは(電気の)「属性色」といいますか、タイプごとにわかりやすい色を付けていこうと思い、それなら黄色かな、と。

――背中のしま模様も特徴的ですね。

にしだ これはそれほど深く考えたわけではないのですが、ポケモンはバトル(戦闘)で戦わせるときに後ろを向くじゃないですか。その時に背中がつるんとしていると(寂しいですから)。

――ゲームではピカチュウは「ライチュウ」までしか進化しませんが、当初は3段階だったそうですね。なぜ2段階になったのでしょう。

にしだ はい。「ピカ(チュウ)」「ライ(チュウ)」「ゴロ(チュウ)」だったんです。ゴロチュウというポケモンは、牙がむき出しで、角も2本生えていました。

杉森 見た目に問題があったわけではないのですが、ゲーム(全体の)バランスを取る都合上(削除しました)。

1

2

3

4

5

20314 0 深読み 2018/05/02 14:00:00 2018/05/02 14:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180501-OYT8I50060-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ