ピカチュウは大福? 初めて明かされる誕生秘話

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アニメで大ブレーク!

――1作目のポケモンの数は151匹ですが、ピカチュウができたとき、社内での評判はどうでしたか?

杉森 ポケモンの数が出そろってきたとき、一部を振るい落とさなければいけなかった。そこで、ドット画をプリントアウトして「どれが好きか」と社内で人気アンケートをとってみたのです。すると、(ピカチュウが)ダントツだったんですよ。

――人気に火が付いたのは、97年にスタートしたアニメで主人公・サトシのパートナーに選ばれたからですね。

現在のピカチュウ。「原形」に比べスマートで活発なイメージになった
現在のピカチュウ。「原形」に比べスマートで活発なイメージになった

杉森 一番大きな(ブレークの)きっかけはそこですよね。あれは(湯山邦彦)監督のご判断でした。ゲームの初めに(「ゼニガメ」「ヒトカゲ」「フシギダネ」の)3匹から1匹を選ぶ(最初の相棒にする)のですが、その3匹からサトシのパートナーを選ぶと、それをゲームで選ばなかった子どもとのギャップが出るので、あえてピカチュウを選んだのではないでしょうか。

 また、やはり人気があったから、という理由もあるそうです。(グッズの)売れ行きなどではなく、何か「熱」のようなものを感じるぐらい(ピカチュウは)流行していました。みんなピカチュウが好きだよな、という雰囲気があったと思います。当時はインターネットもなかったので、直接的には分からなかったのですが。

――ゲームとアニメのピカチュウの鳴き声は違いますよね。

杉森 そうですね。やはりアニメになったことで、僕たちも影響を受けました。ゲームとアニメ、お互いに影響を受け合って、ピカチュウはさらに変化しました。体形も最初はずんぐり(むっくり)していたのですが、首がはっきりし、背筋も伸びてきました。それで(ゲーム制作者側もデザインを)変えていったのです。それで、今のピカチュウになりました。ちなみに、アニメではまさか「ピカチュウ!」と鳴くとは思いませんでした。

――アニメの声優の大谷育江さんもしっくりきましたか。

西野 ビビッと来ましたね。いいなあと思いました。納得がいきました。 

 

1

2

3

4

5

20314 0 深読み 2018/05/02 14:00:00 2018/05/02 14:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180501-OYT8I50060-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ