文字サイズ
    国際

    米中間選挙まで半年 セクハラ反発で女性候補急増?

    読売新聞調査研究本部主任研究員 大内佐紀
     11月6日に実施される米国の中間選挙まで半年を切る中、記録的な数の女性が出馬意欲を示している。共和党のトランプ政権と対立する民主党からの立候補希望者が目立つが、その背景には女性問題の醜聞が絶えないトランプ大統領への根強い反発もありそうだ。

    記録的な女性候補ラッシュ

    • 女性問題の醜聞が絶えないトランプ大統領(ロイター)
      女性問題の醜聞が絶えないトランプ大統領(ロイター)

     今回の中間選挙では、下院(任期2年)の全435議席と上院(任期6年)100議席中、34議席が争われる。全米50州のうち、36州で知事選(任期4年)も行われる。

     「米国の女性と政治のセンター」(在ニュージャージー州)の調べによると、4月上旬時点で309人(民主党231人、共和党78人)の女性が下院選への出馬を届け出た。過去の女性候補者の最高記録は2012年の298人で、それをすでに超えている。州知事選でも、過去最高だった1994年の女性候補者34人を超える40人(民主党24人、共和党16人)がすでに名乗りを上げた。

     同センターは上院の数字はまだ公表していないが、民主党の女性候補者に選挙戦を勝ち抜くためのノウハウをアドバイスしてきた民間活動団体(NGO)「エミリーズ・リスト」(在ワシントン)によれば、2月末段階で3万4000人を超える女性が立候補に関心があるとしてコンタクトしてきたという。2016年に大統領選挙と合わせて実施された議会・知事選の時には、この数字は約920人だったというから、わずか2年の間に希望者が実に37倍に増えた計算となる。

     エミリーズ・リストのステファニー・シュリオック会長は「かつてなかったほど、女性たちは戦う気持ちになっている」とのコメントを発表し、「米政治の潮目は変わった。我々は共和党の思い通りにはさせない」と宣言した。

     今後は本選に向けて各党が予備選を実施し、自党の候補者を選ぶ。何人の女性候補者が本選まで残るかはわからないが、過去最多となることも想定される。

    2018年05月09日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集