「大国外交」のツケを払わされる中国・習近平政権

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

周辺国を見下したツケ

 ――中国の首相が今回、訪日できた背景には何があるのか。

 「米中関係が影響していると思う。トランプ大統領の就任後、しばらく習近平主席との間に蜜月時代があった。米中が接近すると、日本は置いていかれる。

 トランプ大統領はツイッターなどを通じて習主席をおだてた。それに乗せられた習主席は米国と一緒にいろいろなことができるというイメージを抱くようになり、大国意識が強くなった。米国が北朝鮮に最大限の圧力をかけるというので、それまで一度も本気でやったことはないというのに、中国は米国と一緒になって北朝鮮に制裁を行った。

 同時にTHAAD(最終段階高高度地域防衛)の配備を巡って、韓国もいじめた。文大統領が中国を訪問した時も露骨に冷遇した。ところが、米中の蜜月は長く続かなかった。

 昨年末に発表された米国の国家安全保障戦略で、ロシアとともに中国を米国に挑戦する勢力と位置づけた。放っておいたら本当に覇権を奪われるとの危機感が米国で広がり、貿易、台湾、北朝鮮など、手に持っているいろいろなカードを使って中国を押さえつけるようになった。

 習主席があまりにも自分の力を過信し、周辺の国々を見下すような対応をとってきたツケがいっぺんに出ている。制裁を科された北朝鮮はヘソを曲げ、『そんなに冷たくするなら韓国の方に行ってしまいますよ』と、韓国との和解に乗り出した。中国の態度が南北の人たちのナショナリズムを刺激して、『それなら自分たちでやるしかない』となった。そこにトランプ大統領が加わる。気がついたら中国は置き去りにされていた。それで今、一生懸命、挽回しようとしている。

 貿易問題における米国の態度は、この秋に行われる中間選挙向けという見方もあるが、そうではないと思う。習政権は巨大な経済圏構想である「一帯一路」も進めているので、米国の脅威になったという意識がものすごく強まっている。知的財産権の問題でも中国企業に厳しい態度をとるようになった。

 この流れの中で中国は、外交を修正しないとだめだということにやっと気付いた。今まで日本を冷たくあしらってきたが、中国の方から積極的に働きかけてくるようになった」

1

2

3

4

21255 0 深読み 2018/05/11 18:18:00 2019/05/10 19:00:02

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ