W杯日本代表、守備にもいる“ビッグ3”に期待

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕まで1か月を切り、30日に横浜市で行われるガーナ戦に挑む日本代表のメンバー27人も決まった。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の攻撃陣の“ビッグ3”がそろい、21日から始まった国内合宿でチーム作りが進められている。本番のW杯ではコロンビア、セネガル、ポーランドという強豪国とグループリーグで対戦する。どのチームにも世界トップレベルのアタッカーがいて、苦戦は必至だ。しかし、日本代表も勝機があると、フリーライターの元川悦子さんは断言する。カギを握るのは、海外リーグで活躍し、キャリア最高潮にある守備の“ビッグ3”だ。

相手の強みを研究し、消す

日本代表の西野監督(18日)
日本代表の西野監督(18日)

 西野(あきら)監督は就任後、W杯の戦い方を聞かれた際、「対戦国には欧州で活躍しているスーパースターがいるが、日本も十分戦えるところがある。彼らにも弱点はある」と語気を強めた。1996年のアトランタ五輪でブラジルを破った“マイアミの奇跡”のように、相手の強みを徹底的に研究した上で、その良さを消し、日本のペースに持ち込むことが、グループリーグ突破の最重要ポイントとなると考えているようだ。

 対戦する3か国のキーマンは、コロンビア代表のロドリゲス、セネガル代表のマネ、ポーランド代表のレバンドフスキという世界屈指のアタッカーたち。注目すべきは日本代表の誰が彼らを止めるかだ。

1

2

3

4

23257 0 深読み 2018/05/24 14:00:00 2019/01/22 16:05:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180523-OYT8I50038-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ