<速報> 受動喫煙対策を強化、改正健康増進法が成立
    文字サイズ
    社会

    なぜ大人はいじめに気づかないフリをするのか?

    日本テレビ 岸田雪子
     いじめを苦に自殺をする子どもが減らない。国の調査によると、毎年、数百人もの児童・生徒が自ら命を絶っている。いじめが引き金になっているケースも少なくない。新年度のスタートから2か月がたつ6月は教室の人間関係が固まり、いじめが顕在化しやすいという。事態が深刻化する前に、いち早く手を打つことが求められる。親や教師が子どもたちの異変に気づくにはどうすればいいのか。長年、いじめ問題の取材を続けている日本テレビの岸田雪子さんが取材で得た証言を基に解説する。(聞き手 メディア局編集部 鈴木幸大)

    ボクは「消えるべき存在」

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     「親の前では、いい子でいたかったんです。いじめられている自分は、本当に恥ずかしい、だれにも知られたくない自分で、いじめられていることをどうしても認めたくないという気持ちもありました。もちろん報復も怖かった」

     小学5年生のとき、いじめを受けていたというNさんは、当時をこう振り返りました。同級生から総額50万円余りを取られ、日常的に暴力を振るわれ、マンションの屋上から飛び降りようとしたこともあったそうです。

     いじめは、人格を否定します。学校という閉じられた空間で日々、人格を否定され続けた子どもは、自信を失い、自らを「消えるべき存在」だととらえはじめてしまいます。

     「『死ね』とか『うざい』とか、『消えろ』と毎日言われ続けていると、だんだん自分の感覚がなくなっていくんです。自分はダメなんだ、ダメな人間なんだ、自分は殴られる運命なんだ、世の中にいなくていい存在なんだ、という思いで心がいっぱいでした」

     Nさんは、父親の財布からお金を抜き取っていました。持ち物に落書きが増え、学用品に破損が目立つようになりました。「自分はどうせバカだから」「自分なんてなんの取りえもない」などと自らを卑下する発言を繰り返していたそうです。

     両親は、Nさんのこうした異変に気づいていました。そして、ある行動に出ます。

    2018年06月23日 09時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集