文字サイズ
    社会

    東京五輪で鉄道混乱…駅から人があふれる恐れ

    中央大理工学部教授 田口東
     2年後に迫る東京五輪・パラリンピック。鉄道の混雑が慢性化している首都圏で五輪競技の開催日が重なった場合、JRや地下鉄の駅に人があふれ、電車はストップ、通勤・通学に影響が出る可能性がある――。中央大学理工学部の田口東教授(66)がこんな試算をした。競技終了後、短時間に集中して押し寄せる帰宅客もパニックを招く危険がある。2020年の夏、いつ、どの駅で危険があるのか、田口教授に聞いた。(聞き手:メディア局編集部 鈴木幸大)

    乗車率200%の電車が1.5倍に

    • 新宿駅は普段から人でごったがえしている(画像はイメージ)
      新宿駅は普段から人でごったがえしている(画像はイメージ)

     首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)で通勤・通学の鉄道利用者は1日約800万人。東京五輪で開催競技が最も多い日は66万人の観戦客が見込まれており、鉄道利用者が1割弱増える見通しだ。

     五輪観戦客の輸送については、JRが60%、東京メトロが10%を担う計算になる。このほか、沿線に競技会場がある、りんかい線、ゆりかもめ、埼玉高速鉄道は大勢の観戦客の利用が見込まれ、乗客は通常より2~2.6倍に膨らむ。原宿・代々木駅周辺を通るJR線、ベイエリアに向かう東京メトロ有楽町線も混雑が予想される。

     国土交通省が5年ごとに実施している鉄道などの利用実態調査「大都市交通センサス」のデータを基に、首都圏の2009駅を発着するすべての列車について、乗降客数や乗り換え客の経路などを分析。各競技の会場収容人数、開催時間、最寄り駅などの情報を加味し、駅ごとに利用状況を試算した。

     競技開始が午前8時半~10時半に想定される会場もある。その結果、五輪期間中の平日午前6~9時に、乗車率200%以上の電車が50%増えるという予測が出た。

    • 【東京五輪の主な競技会場と最寄り駅】
      【東京五輪の主な競技会場と最寄り駅】

    2018年07月01日 08時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP