自己破産、生活苦…知らずに借りると奨学金は危険

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「教育資金が足りない」――。最近、こういう家庭は珍しくない。大学進学の際、2人に1人が「奨学金」を利用している。だが、その一方で、「奨学金の返還ができなくなった」「奨学金で個人破産・親子破たん」といった話も報道されている。将来の返還に支障が出ないようにするには、奨学金を借りる際にどんなことに気を付ければ良いのだろうか。奨学金利用のコツとポイントをファイナンシャル・プランナーの竹下さくら氏が解説する。

奨学金制度は分かりにくい

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 最近、奨学金の相談が目立って多くなりました。FP(ファイナンシャル・プランナー)の事務所では、日々、お金のよろず相談を受けていますが、様々な相談分野にからまるように、奨学金の話が出てくるのです。

 「蓄えがゼロ。実は、奨学金の返還で家計がキツキツ」
 「奨学金という“借金持ち”であることが気がかりで結婚に踏み切れない」
 「奨学金を返し終わっていないことが影響して、家を買おうと思ったら希望の額を銀行から借りられなかった」
 「大学卒業後、正社員になれず、奨学金の返還が苦しい」
 「就職ができずに大学院進学に切り替えたが、借りすぎで返還に不安」

 奨学金を巡って、いろいろな事情が垣間見えます。「もっと早く知っていれば何とかなったのに……」。そう思ってしまうケースが実は少なくありません。

 その原因はおそらく、「奨学金制度が分かりにくい」の一言に尽きるのでしょう。

 よく分からないまま利用して、よく理解しないまま返還生活に突入してしまうので、返せなくなるリスクと隣り合わせになっている状況があります。

 そこで、奨学金を利用しようかなと思ったら、知っておきたいポイントを紹介します。

1

2

3

4

5

33270 0 深読み 2018/07/09 07:30:00 2019/01/22 16:11:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180704-OYT8I50017-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ