文字サイズ
    社会

    「入れ墨タブー」ニッポンは非常識?

    都留文科大学 文学部比較文化学科教授 山本芳美
     メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)、ラキティッチ(クロアチア)…。サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で活躍したスター選手たちの腕や首には、派手なタトゥー(入れ墨)が施されていた。かつては「アウトローの象徴」と見なされたが、海外では近年、そうした認識が改められつつあるという。一方、日本では温泉やプールでの「入れ墨お断り」の看板が目立つ。来年のラグビーW杯やその翌年の東京五輪などで外国人客が急増すれば、トラブルが多発する可能性もある。この問題とどう向き合うか。入れ墨をはじめとした装いの研究を専門とする文化人類学者、山本芳美さんに聞いた。(聞き手・読売新聞メディア局編集部 久保田稔)

    アメリカ成人の21%は「タトゥーあり」

    • 腕に大きなタトゥーを入れていたメッシ(右)とラキティッチ。ほかにも多くの代表選手の腕や首などにタトゥーが見られた(ワールドカップ・ロシア大会で)
      腕に大きなタトゥーを入れていたメッシ(右)とラキティッチ。ほかにも多くの代表選手の腕や首などにタトゥーが見られた(ワールドカップ・ロシア大会で)

     半袖でプレーする選手が多いサッカーはそもそもタトゥーが目立ちやすいが、それにしても今大会はよく目に付いた。サッカーに詳しい友人によれば、3大会前のドイツ大会(2006年)までは、腕や首などの露出する部分に大きなタトゥーを入れた選手はあまりいなかったという。日韓大会(02年)で大ブームを巻き起こしたベッカム(イングランド)も背中や腕などにタトゥーを入れているが、近年はともかく、当時はほとんど見せていなかった。

     海外でのタトゥーの流行はスポーツ選手だけに限らない。米国の世論調査会社が12年に行った調査では、タトゥーがあるアメリカ成人は21%に上った。15年にベルギーで開かれた「タトゥーと健康」に関する学会向けの報告書では、欧州の成人人口の10~20%に当たる約1億人がタトゥーを入れているとされた。

     これは特別な理由があってというよりも、ストリートファッションに見るように、個人のスタイルや嗜好(しこう)に基づく選択として定着したと考えてよいだろう。

     実際、一昔前の「アウトロー」的な印象はかなり薄れていると思う。3年前の夏にニューヨークを訪れた際には、地下鉄でウォール街方面に向かう人々の袖口からタトゥーがのぞいているのを見た。

    ファッション化…源流は王族の「おしゃれ」

     こうした海外での流行の背景に、二つの動き(ムーブメント)があることを指摘したい。一つはタトゥーを「ファッション」と捉える人が増えていることだ。

     現代のタトゥーブームは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、英国王ジョージ5世、ロシア皇帝ニコライ2世ら欧州の王族の間で流行し、同時期に一般の人々にも広まったのが源流とされる。20世紀半ばには「悪趣味」「犯罪者のよう」などと敬遠されて下火になったが、80年代ごろから英国ではパンクロックなどの影響で再び脚光を浴び、専門誌が発行されるなど、関心を持つ人や実際に体に入れる人が増えた。

    • ブラジルのエース、ネイマール(右)。腕や首にタトゥーを入れている(ワールドカップ・ロシア大会で)
      ブラジルのエース、ネイマール(右)。腕や首にタトゥーを入れている(ワールドカップ・ロシア大会で)

     タトゥーを施すアーティストの数も増え、図柄も美的で洗練されたものへと進化した。ベッカム、ネイマールら世界的アスリートのタトゥーに注目が集まり、「ドラゴン・タトゥーの女」(2011年、アメリカ)、「ウォンテッド」(08年、同、主演=アンジェリーナ・ジョリー)など、タトゥーが印象的に描かれた映画も話題になった。

     ちなみに、メッシやネイマールの腕を覆っていたタトゥーは「スリーブ(袖)」と呼ばれ、片腕に入れるのが格好良いとされているそうだ。

    2018年07月21日 05時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP