文字サイズ
    文化

    洪水危険、土砂崩れ注意…「地名」は警告する

    読売新聞編集委員、BS日テレ「深層NEWS」キャスター 丸山淳一
     レイクタウン(埼玉県越谷市)、メルヘンランド(富山県小矢部市)、くりえいと(福岡県宗像市)…。大規模開発などに伴い、夢のある“キラキラ地名”が各地に誕生する一方で、無視できないのが古くから受け継がれてきた地名の意味だ。西日本豪雨の被災地には、水害や土砂崩れの発生を示唆する地名がいくつも残されていた。

    「災害地名」は先人たちの警告

    • 水没した住宅の屋根から、自衛隊に助け出される住民たち(7月7日、岡山県倉敷市真備町川辺で)
      水没した住宅の屋根から、自衛隊に助け出される住民たち(7月7日、岡山県倉敷市真備町川辺で)

     磯田道史さんの『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)を、本棚に戻す前に読みなおすことになるとは思わなかった。大阪北部地震から1か月もたたないうちに、西日本を記録的な豪雨が襲った。被災地はその後も「災害級」の猛暑と台風12号の直撃を受けた。心よりお見舞い申し上げたい。

     土砂崩れなどで100人以上が亡くなった広島県では、2014年にも広島市安佐南区八木などで、多くの死者を出している。磯田さんは4年前の災害の後、本のタイトル通りにこの地区の郷土史を読みなおし、戦国武将・香川勝雄(かつたか)(1515~69)の大蛇退治の伝説があること、かつて伝説にちなむ「蛇落地(じゃらくち)」「蛇王池(じゃおういけ)」という地名があった、と記している。

     昔は土砂崩れを「(じゃ)崩れ」や「蛇落(じゃらく)」と呼び、「蛇落地」は地区で土砂崩れがあったことを示す「災害地名」の可能性が高い。だが、1762年(宝暦12年)の土地台帳にはすでに「蛇落地」の地名はなく、代わりに音(読み)がよく似た「上楽寺(上楽地)」という(あざ)名がある。後世の住民が忌まわしい記録を縁起のいい名前に変えたとすれば、先人の警告を消してしまったことになる。

     では、西日本豪雨で大きな被害が出た被災地には「蛇落地」のような災害地名や、災害の伝承や逸話はあったのだろうか。

    水害常習地、豪雨に悩んだ「川辺」「池田」

    • 1976年にあった台風水害の浸水水位を伝える石碑(岡山県倉敷市真備町川辺で)
      1976年にあった台風水害の浸水水位を伝える石碑(岡山県倉敷市真備町川辺で)

     小田川の堤防が決壊し、1200ヘクタールが水没した岡山県倉敷市真備(まび)町は、奈良時代の学者・吉備(きびの)真備(まきび)(695~775)がこの地の出身というのが由来で、町名は災害に由来していない。しかし、被害が大きかった川辺地区は文字通りの「川の()」で、水害の常習地だった。

     小田川が合流する高梁川は水量が多く、豊臣秀吉(1537~98)の高松城の水攻めにも利用された。一方の小田川は勾配が緩く、増水時には大量の水が逆流する「バックウォーター」が頻発していた。

     江戸時代にこの地を治めた備中(岡山県)岡田藩は、山陽道の宿場町だった川辺宿を丸ごと「神楽(かぐら)土手」と呼ばれた堤防で囲んでいた。初代藩主の伊東長実(ながざね)(1560~1629)は、関ケ原の戦いの直前に徳川家康(1543~1616)にいち早く石田三成(1560~1600)の挙兵を知らせた功績で、美濃池田郡にも領地を得た。長実は川辺地区と池田郡の治水を同じ家臣に担当させ、暴れ川を抱える美濃(岐阜県)の輪中(わじゅう)堤防の技術を神楽土手に導入したとされる。

     ちなみに岐阜の「池田」の「イケ」にも「水のある所」という意味がある。西日本豪雨では岐阜県西部も記録的な大雨に見舞われているが、かつて岡田藩も領地の同時豪雨に悩まされ、水防の専門家を育成しようとしたのかもしれない。

     川辺地区では明治以降も堤防の補強や護岸整備が進められたが水害はやまず、二つの川の合流地点を付け替える大規模な河川整備が今秋に着工予定だった。多くの住民は水害を知っていたが、「前回は避難しなくてもよかった。今回も大丈夫だろう」と考えてしまった。過去の災害の記憶がかえって避難の足かせになる「経験の逆機能」は、東日本大震災でも見られたという。

    2018年07月30日 11時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP