飲み会も残業…部下を無理に誘ってはいけないワケ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 暑いから仕事を早めに切り上げて、飲みにいこう――。上司が若手社員を飲み会に誘い、日頃の苦労をねぎらうつもりでも、実は若手社員は「飲み会も業務」と考えている可能性がある。若者の中には「職場の飲み会」を「残業」と捉える人も出てきていて、裁判で「飲み会は業務」と認定されたケースもある。それはどんな場合なのか、労働問題に詳しい山口政貴弁護士に解説してもらう。

勤務時間外は上司と付き合わない

写真はイメージです
写真はイメージです

 「職場の同僚、上司らとは勤務時間以外では付き合いたくない」。今年6月、公益財団法人「日本生産性本部」が発表した新入社員の意識調査では、30.8%の人がこのように答えています。昨年度から10.1ポイント増え、過去最高となりました。同本部では、「若者がプライベートを大切にする傾向が続いている」と分析しています。

 若者たちの間で、仕事とプライベートを明確に線引きする傾向が強まっているのなら、上司の方も意識を変える必要があると思います。「上司部下の関係はあくまでも勤務時間中だけ。勤務時間外は完全な他人」というスタンスで考えておいた方が良いのではないでしょうか。

1

2

3

4

無断転載禁止
35310 0 深読み 2018/08/03 05:20:00 2018/08/03 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180730-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ