文字サイズ
    健康

    言葉出ない、急に怒る…家族が脳障害 どうすれば?

    読売新聞調査研究本部主任研究員 坂上博
     しっかり話せない。約束を忘れてしまう。仕事を覚えられない。意欲が低下したり、怒りっぽくなったりする……。脳卒中などが原因で、記憶や思考、判断などを担う脳の機能に障害が出る「高次脳機能障害」が注目を集めている。患者はもちろん大変だが、症状が見た目にはわかりにくいせいもあって、家族の介護負担はより大きくなる傾向があるからだ。国は高次脳機能障害者と家族を支える体制づくりを進めており、東京都も今年2月、都内にある相談窓口や通所・入所施設など最新情報を盛り込んだパンフレットを発行した。かけがえのない肉親が脳障害を負った時、家族はどのような思いで支えればよいのだろうか。

    記憶障害や意欲低下の症状も

     「高次脳機能障害」の「高次脳機能」とは、手足を動かすなどの基本動作ではなく、記憶したり、物を考えたり、計画を実行したりといった、人間ならではの高度な脳機能を指す。この機能が、くも膜下出血や脳梗塞などの脳卒中、外傷性脳損傷などが原因で障害を受けることを、「高次脳機能障害」と呼ぶ。推計で、全国に約50万人の高次脳機能障害者がいるといわれる。

     具体的な症状としては、

    (1)言いたい言葉が浮かんでこない、言われた言葉が理解できない、字を読めない、書けないなどの症状が表れる「失語症」

    (2)発症前の記憶はあるのに、最近の体験やエピソードなどを中心に記憶できなくなる「記憶障害」

    (3)物事に集中することが苦手になる「注意障害」

    (4)物事を計画立てて実行できなくなる「遂行機能障害」

    (5)何事にも意欲が低下する

    (6)本人なりの理由はあるが、突然、興奮して怒り出すなど感情のコントロールができなくなる

    (7)相手の感情などの読み取りが苦手となり、会話のキャッチボールができなくなる

    (8)右脳の損傷を受けた場合、反対側である左側の空間が認識できなくなった行動を取る(左半側空間無視)

     などがある。症状は個人差が大きく、これらすべての症状が表れるわけではない。

     高次脳機能障害は、外見では分からないことが多い障害なので、「見えない障害」とも言われる。患者に対して、家族はどのように対応してよいのか分からず、戸惑い、疲れ切ってしまうことがある。

    2018年08月01日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP