文字サイズ
    国際

    エジル選手を代表引退に追い込んだドイツの「闇」

    在独ジャーナリスト 熊谷徹
     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、グループリーグ敗退を喫したドイツが激震に見舞われている。代表チームの主力選手だったメスト・エジル選手(29)が、トルコ系市民に対する「人種差別」を理由にチームからの引退を表明。それに対して右派からリベラル派まで様々な立場から多くの意見が噴出し、激論になっているからだ。今回の件は、外国にルーツを持つ人たちに対するドイツ人の複雑な心境を浮かび上がらせた。ドイツ社会が抱える「闇」とは? 在独ジャーナリスト・熊谷徹さんに寄稿してもらった。

    「独裁者」とのツーショット

    • トルコのエルドアン大統領(右)と一緒に写真に納まるエジル選手(今年5月13日撮影)=AP
      トルコのエルドアン大統領(右)と一緒に写真に納まるエジル選手(今年5月13日撮影)=AP

     エジル選手が代表を引退する直接のきっかけとなったのは、今年5月13日にエジル選手がトルコのエルドアン大統領にユニホームを贈呈し、ツーショットで撮影された写真である。

     エジル選手は「私は大統領が誰であっても敬意を表する。この写真撮影は政治とは無関係だ」と、政治的な意図はなかったことを強調した。しかし、トルコでは6月に大統領選が行われることになっていた。大統領再選を目指すエルドアン氏が、自らの得票につなげるために、知名度の高いエジル選手を利用したことは想像に難くない。

     エルドアン政権は2016年にトルコで起きたクーデター未遂事件以来、反体制派など数万人を逮捕した。トルコの人権団体・独立コミュニケーションネットワーク(BIA)によると、今年6月の時点で投獄されているジャーナリストの数は127人、裁判にかけられているジャーナリストの数は315人に上る。

     このため、ドイツの政治家やメディアは、「エルドアン政権は法治主義を軽んじ、言論の自由を抑圧している」と批判している。

     エジル選手がエルドアン大統領との記念写真を撮らせたことについて、ドイツでは「政治的にあまりにも鈍感だ」という強い批判の声が上がった。

     緑の党の党首を務めたトルコ系ドイツ人チェム・エズデミール氏は「エジル選手がエルドアン大統領との写真を撮らせたのは、この大統領によって迫害されている人々への敬意を欠く行為であり、大きな失敗だ」と指摘した。

     ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長は「エルドアン大統領は、我々が重視する価値観を軽視している。代表チームの選手がエルドアン氏の選挙戦のために悪用されることは良くない。DFBは外国にルーツを持つ選手たちの社会への統合を促進するために努力してきたが、エジル選手らの行為はそうした努力を損なうものだ」と、強い言葉でエジル選手を批判した。あるドイツ企業は、この写真を理由にエジル選手をW杯向けのプロモーションビデオから外した。

    2018年08月06日 10時08分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集