文字サイズ
    生活

    マツコが食べるとスーパーから商品が消えるワケ

    フードプランナー 渥美まいこ
     スーパーの棚からある商品が姿を消した――。そんな現象を目にしたことはないだろうか。普段、何げなく使っている調味料、インスタント食品、スナック菓子などが突如として脚光を浴び、爆発的な流行となる。食のブームが起きる背景には何があるのか。フードプランナーの渥美まいこさんに解説してもらった。

    食ブームをむさぼる日本人

    • ビリヤニ(上)パキスタン料理の一種で、スパイスとコメ、肉、魚、卵や野菜などで作るコメ料理。ブッタボウル(下)キヌアや玄米などの雑穀類、カットした野菜類、豆やイモなどを盛り付けた料理
      ビリヤニ(上)パキスタン料理の一種で、スパイスとコメ、肉、魚、卵や野菜などで作るコメ料理。ブッタボウル(下)キヌアや玄米などの雑穀類、カットした野菜類、豆やイモなどを盛り付けた料理

     高級食パン、タピオカドリンク、甘酒、クリームソーダ、ビリヤニ、ブッタボウル……。

     これらは最近、ブームまたはブーム予備軍として盛り上がっている食べ物です。みなさんはいくつ知っていますか?

     洋服や音楽と比べると、世代間・男女間で嗜好の隔たりがなく、暮らしの一部になっているため、とかく食べ物は「ブーム」として話題になりやすい傾向があります。

     1990年ごろから、さまざまな食べ物が最先端のトレンドになり、かつ手軽に消費されるようになりました。食の情報化は加速し、SNSなどによって拡散されるようになると、結果として特定の食ブームのインパクトは弱まり、その寿命はどんどん短くなっています。

     ティラミス(1990年頃)やナタ・デ・ココ(93年頃)のように、時代を象徴するセンセーショナルな出来事になることはめったになくなりましたが、半年に1~2点は“今年の顔”となるようなブームが起きています。

     次々と湧き出てくる食のブームの中で、大きなブームに成長する食べ物にはどんな特徴が隠れているのでしょうか?

     日本人の心をわしづかみにする食ブームの背景を探ってみましょう。

    2018年09月01日 08時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP