文字サイズ
    IT

    LINEにヤフー…QRコード決済に本気の理由

    ITジャーナリスト 石野純也
     新たなキャッシュレス決済手段として注目を集めている「QRコード決済」。LINEやソフトバンク・ヤフー連合などが、今後3年間決済手数料を無料にすると発表したほか、通信会社やベンチャー企業などの参入も相次いでいる。しかし、日本にはJR東日本のSuica(スイカ)や楽天Edy(エディー)など、非接触ICチップを使った決済が浸透している。そもそも、日本は世界有数の「現金大国」でもある。あえてQRコード決済を普及させようとする各社の思惑とは何か。ITジャーナリストの石野純也氏が解説する。

    決済手数料「無料」の戦い

    • LINEは「初期導入コスト、決済手数料ともに無料」をウリにする
      LINEは「初期導入コスト、決済手数料ともに無料」をウリにする

     QRコードを使った決済手段の覇権争いが、激化している。

     8月から、LINEが一定の条件を満たした「LINE Pay(ラインペイ)」の加盟店に対し、QRコードによる決済手数料を3年間無料にした。LINEの店舗専用アプリなどを使えば初期費用はかからない。店舗への“特典”だけでなく、利用者にも最大で5%(最低3%)ポイントを還元するという力の入れようだ。

     さらに、ソフトバンク・ヤフージャパン連合も、親会社のソフトバンクグループがファンドを通して出資する、インド最大の電子決済サービス会社「Paytm(ペイティーエム)」と組み、同社の技術を活用して、今秋からQRコード決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」を開始する。ラインペイに追随し、こちらも同じく、加盟店の決済手数料は3年間無料にするという。

    • ラインペイのQRコード決済画面(画像を一部加工しています)
      ラインペイのQRコード決済画面(画像を一部加工しています)

     ラインペイやペイペイなどのQRコード決済は、「日本にキャッシュレス決済を浸透させる起爆剤になる」との見方もあり、注目を集めている。

    2018年08月21日 07時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP