文字サイズ
    社会

    夏休み明け「死にたい」子どもを自殺から救うには

    筑波大保健管理センター副所長 太刀川弘和
     夏休み明け前後に子どもの自殺が急増する。「9月1日問題」「夏休み明け自殺」などとも呼ばれ、社会問題と認識されるようになった。「勉強がつらい」「友人関係が不安」「先生に会いたくない」……。新学期が近づくことをストレスに感じ、追いつめられてしまう子どもたち。最悪の事態を防ぐにはどうすればいいのだろうか。日本自殺予防学会理事で、未成年の自殺予防に取り組んでいる筑波大の太刀川弘和准教授に聞いた。(聞き手・メディア局編集部 鈴木幸大)

    8月下旬~9月上旬が危険

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     自殺総合対策推進センターは今年8月、2006年度から15年度までの10年間に自殺した小・中・高校の児童生徒3209人の死亡時期について、8月下旬が153人と最も多く、9月上旬122人、4月中旬108人と続くと発表しました。

     「夏休み明け自殺」の認識が広がったのは、内閣府が「自殺対策白書」を発表した2015年です。これによると、1972~2013年の18歳以下の自殺者数について、多くの地域で9月1日前後が最多だったとし、「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と指摘しています。

    「夏休み明け」はストレス

     自殺の多くは、解決すべき課題を抱え、それがストレスで憂うつな気分になり、行動に移すというプロセスで起こります。

     「勉強したくない」

     「嫌いな先生がいる」

     「いじめっ子に会いたくない」

     子どもたちは、新学期を迎えるにあたって、こんなふうにさまざまな不安や課題を抱え、気持ちを切り替えたり、心の準備をしたりします。夏休みでしばらくストレスのなかった弛緩(しかん)した状態から、ストレスを抱える時期に入る境目は特にプレッシャーがかかります。

     だから、「夏休み明け」前後のこの時期、生活スタイルに大きな変化を迎える子どもたちが落ち込んだり、ふさぎ込んだりするのは、当たり前の反応とも言えます。

    2018年08月27日 09時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP