北海道地震の研究者が被災して考えたこと

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 6日未明に北海道を襲った最大震度7の地震は、土砂災害などで震源付近の厚真町の住民ら41人が死亡(11日現在)、火力発電所が停止し、道内全域が一時停電するなど大きな被害をもたらした。北海道の地質や地震を約20年にわたって研究し、現在は愛知県在住の平川一臣・北海道大学名誉教授(71)は、ちょうど学会出席のために札幌市に滞在していて被災した。長年、研究対象にしてきた地震を身をもって体験した学者は、その時、何を思ったのか。(聞き手・読売新聞メディア局編集部 中根靖明)

講演を終えて爆睡していた未明に…

地震当時のことについて語る平川氏(愛知県豊橋市で)
地震当時のことについて語る平川氏(愛知県豊橋市で)

 平川さんは、日本地質学会札幌大会(9月5~7日、北海道大学札幌キャンパスで開催)で講演するため、愛知県豊橋市の自宅を出て3日に札幌入りし、知人のマンションに滞在していた。

 「5日午前に北海道での地震・津波の研究について学会で講演するために、4日に空路で札幌入りする予定でした。台風21号の上陸で飛行機が欠航する可能性などを考慮し、一足早く3日に札幌入りしていました。予想通り、4日夜から5日朝まで札幌市は暴風雨が吹き荒れ、北大のキャンパスでは、ポプラの巨木が倒れてしまいました。ただ、台風が過ぎ去るのは早く、北海道全体ではそれほど大きな被害は出ていませんでした」

 「台風が通過した後、予定通りに5日の講演を終え、夜は大酒を飲み、ジンギスカンを食べ、マンションに戻って明かりも消さず爆睡していました」

 日付が変わり、6日午前3時8分、胆振(いぶり)地方を震源とするマグニチュード(M)6.7の地震が発生した。その瞬間、「ハッとして、すぐに目が覚めた」という。

1

2

3

4

5

40652 0 深読み 2018/09/12 11:32:00 2018/09/12 11:32:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180912-OYT8I50005-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ