森保ジャパン…「エリート対雑草」バトルが面白い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカー日本代表の新生「森保ジャパン」が、初陣のコスタリカ戦に勝利した。ワールドカップ(W杯)ロシア大会で長谷部誠(フランクフルト)が代表引退を表明するなど、長年、チームを支えたベテランからの世代交代が課題となるなか、新たに招集された若手が躍動した。それは代表入りをかけた若手同士のバトルの始まりであり、「エリート」対「雑草」の戦いでもある。日本代表取材歴25年の元川悦子さんがリポートする。

求められる世代交代

W杯ロシア大会。決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れ、試合後、スタンドのサポーターにあいさつする日本代表の選手たち
W杯ロシア大会。決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れ、試合後、スタンドのサポーターにあいさつする日本代表の選手たち

 日本代表は2010年のW杯南アフリカ大会から18年のロシア大会まで5人が監督を務めたが、メンバーはほぼ固定されていた。しかし、ロシア大会が終わると、長年、主将を務めた長谷部が代表引退を表明。カンボジア代表の事実上の指揮官に就任した本田圭佑(メルボルン)も一線を退いた。ロシア大会の日本代表は平均年齢で28歳を超えており、22年のカタール大会に向けて世代交代は急務だ。

 森保一監督は今回、長友佑都(ガラタサライ)や香川真司(ドルトムント)らロシア大会の主力メンバーを呼ばず、20歳代の若い戦力を主に招集した。長谷部、本田の後釜を担う選手が出てくることに大きな期待を寄せ、早速、若手が応えた。

1

2

3

4

無断転載禁止
41664 0 深読み 2018/09/19 18:31:00 2019/01/22 16:13:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180919-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ