巨匠2人の絆…ロブションを笑顔にした「次郎」の鮨

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月6日にがんのため73歳で亡くなったフランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブションさんは日本好きとしても知られている。特に、東京・銀座の (すし) 店「すきやばし次郎」を愛し、30年以上にわたって鮨職人である小野二郎さん(92)との交流を続けてきた。ロブションさんを「唯一無二の存在」と呼ぶ小野さんに語ってもらった。(聞き手・読売新聞編集委員 宮智泉)

しゃりだけ握ってくれ

今年2月11日、東京・六本木ヒルズで開かれたイベントで料理の腕を競い合ったロブションさん(左)と小野二郎さん(ソニー・クリエイティブプロダクツ提供)
今年2月11日、東京・六本木ヒルズで開かれたイベントで料理の腕を競い合ったロブションさん(左)と小野二郎さん(ソニー・クリエイティブプロダクツ提供)

 初めて来店したのは30年余り前のことです。料理評論家の山本益博さんと一緒でしたが、にらみつけるようなおっかない顔でした。パリで鮨を食べたことがあり、「こんなもんだったら自分でも作ることができる」と思ったんでしょう。

 握りを2個食べたあと、しゃりだけ握ってくれという。2個続けてしゃりを食べ、「自分の食べた鮨とは違う」と感じ取ったのが、ご飯の温度だったようです。そして「私にはできない」と。しゃりが違うから鮨が違うとわかるんですね。

 <ロブションさんは、最高位の職人に与えられる「フランス最優秀職人賞」を31歳で受賞。1981年にパリに「ジャマン」を開き、84年には飲食店を星の数で格付けする「ミシュランガイド」で最高の三つ星を獲得。世界各地に店舗を持ち、ミシュランガイドの星を世界一多く持つシェフで、「フランス料理の神様」とも呼ばれた>

仕方なく食べたタコが…

 とにかく日本人の(つう)と言われる人だってわからないことがわかるんですよ。冬場、新のりに変えたばかりのときも「今日ののりが一番おいしい」と言ってました。

 あるとき、タコを切って出したら、タコは嫌いだという。スペインで食べたのがゴムみたいだったから。仕方ないという表情で食べたが表情が変わり、「伊勢エビの香りがする」と言い出した。そこで「タコは甲殻類を餌にしているから」と説明しました。エビの香りがするなんてことをいう人はいない。「うちではタコの香りを出そうと、調理の仕方が違うんだ」と説明したら、納得していました。

 こっちは日本語しかわからないし、あの人はフランス語しかしゃべらない。日本語は「おいしい」ぐらい。けれど、言葉がなくてもちょっとした違いが通じる。あれだけわかると、うれしいのけたが違う。

1

2

3

41801 0 深読み 2018/09/21 15:40:00 2018/09/21 15:40:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180919-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ