お土産がスーパーの商品でも“がっかり”されないワケ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 観光地のお土産として定番のお菓子などであっても、もらう側にとっては必ずしも喜ばしいものではないという調査結果がある。一方で、本来はお土産用に作られたものではない食品が「ご当地土産」として人気になっている。地元のスーパーで売られている日常的な食品だ。わざわざ買い求める観光客もいて、静かなブームと言えそうだ。背景について、スーパーマーケット研究家の菅原佳己さんに分析してもらう。

定番人気のお土産に異変?

写真はイメージです
写真はイメージです
ガッカリした“ご当地名菓”ランキング
ガッカリした“ご当地名菓”ランキング

 最近、インターネットやSNSで、観光や出張で訪れた先のお土産について、「がっかり」「もらってうれしくない」をキーワードに語る人が増えています。

 検索ポータルサイト「goo(グー)」は、昨年、「旅行お土産の定番のお菓子」に関して、「ガッカリした“ご当地名菓”ランキング」を発表しました。ランキングを見ると、上位に来るのは、その土地を代表し、味もおいしく、多くの人が購入している「人気で定番のお土産」です。

 「人気なのに、がっかり…」の理由として考えられるのが、「渡す側」と「もらう側」のギャップです。

1

2

3

4

5

43599 0 深読み 2018/10/05 07:00:00 2019/01/22 16:15:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181005-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ