読売新聞オンライン

メニュー

時給1200円でも×…応募殺到バイトの条件は?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

重視するのは「職場の魅力」

 私が所長を務めるツナグ働き方研究所は、「アルバイト採用ブランド力調査」(4月20~24日、全国の学生134人から回答)を実施しました。この結果をもとに、人手不足が続く中でも採用力が高いアルバイトの職場はどこか、人材を確保するために、どういった職場アピールを繰り広げているのかなどを見ていきたいと思います。 

 今回の調査で、最も採用ブランド力が高いと評価されたのは「スターバックス コーヒー」でした。ここ数年、アルバイトの職場として、スタバ人気は衰えることを知りません。同じような業態の「DEAN&DELUCA」や「スープストックトーキョー」も上位にランクインしています。

「給与・待遇」は4番目

 調査結果によると、トップテンに並ぶ顔ぶれは、共通して「仕事内容」「職場の安全性」「成長・キャリアに役立ちそう」といった項目で高得点を獲得しています。

 これは、求職者がアルバイトに求めるものとして「その職場が魅力的か」を重視する傾向が強まっていることを物語っています。実際のところ、同じ調査で、求職者がアルバイト先を探すときに重視する項目を聞いてみたところ、「給与・待遇が良さそう」は4番目にとどまっています。

 泣く泣く時給を上げてきた採用現場の方には気の毒なデータですが、時給を上げることが採用の特効薬というわけでもなさそうです。

1

2

3

4

5

無断転載・複製を禁じます
47469 0 深読み 2018/10/16 07:10:00 2019/01/22 16:15:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181012-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)