失点OK、サイン不要…猛打の西武あすCS登場

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは、ソフトバンクが勝ち上がった。17日からのファイナルステージで待ち受ける西武は、リーグ最下位の653失点を喫しながら、球団史上最多の792得点をたたき出して、相手をなぎ倒していった打力のチームだ。10年ぶりのリーグ優勝の原動力となった西武の驚異的な強力打線は、どのように完成したのか。CS・ファイナルステージを前に分析した。

お客さんを帰さない野球

打撃だけでなく正捕手としても成長を見せた森(2018年9月30日、杉本昌大撮影)
打撃だけでなく正捕手としても成長を見せた森(2018年9月30日、杉本昌大撮影)

 「中盤まで負けていても、お客さんが帰らないチームにします」

 2月の宮崎・南郷キャンプで、就任2年目の辻監督が後藤高志オーナーに約束したことでもあり、選手たちに呼びかけた言葉でもある。この時すでに、指揮官の中でチームカラーは定まっていたと言ってもいい。

 開幕戦から打線は爆発した。対日本ハム戦で11点を奪って大勝。圧倒的な攻撃力が光った。勢いそのままにチームは開幕8連勝を飾る。投手陣が不安という周囲の声を押しのけて、序盤から快進撃を続けた。

 象徴的だったのは4月18日の日本ハム戦だ。

 投手陣が踏ん張れず、八回表を終えて0―8の大劣勢。しかし、ここから打線がつながる。八回裏に打者11人の猛攻で7点を奪うと、九回には森がサヨナラ2点二塁打を放って大逆転を果たした。森は「チーム全体が何点取られても、諦めない気持ちを常に持っている」と胸を張った。

 今季の西武は、この試合も含めて、終盤に試合を引っ繰り返す展開が多かった。こういう試合を続けていれば、確かに、観客は帰りにくい。

 

1

2

3

4

44718 0 深読み 2018/10/16 10:00:00 2018/10/16 10:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181015-OYT8I50012-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ