文字サイズ
    生活

    巻き込まないで!「うんざりハロウィン」の正体

    PRプロデューサー 殿村美樹
     市場規模は1300億円を超え、バレンタインと並ぶ規模に成長したハロウィン。夏休みとクリスマスの間隙に見事にはまり、10月の風物詩として定着した。気味の悪いゾンビメイク、なんちゃって安室奈美恵、探さなくても見つかるウォーリー集団……。この日ばかりは目をつぶるしかない。とはいえ、「公道でパレードは迷惑」「仮装を強要しないで」「もう、うんざり」という声もあるハロウィンはどうなるのか。PRプロデューサーの殿村美樹氏に解説してもらった。

    「ハロウィンなんて嫌い」

    • (画像はイメージ)
      (画像はイメージ)

     今年もハロウィンの季節がやってきました。

     大小さまざまなカボチャがショーウィンドーに並び、スイーツ売り場ではオレンジ色のケーキやプリンがずらり。スーパーのコロッケやお好み焼きも、おばけの顔をしています。

     テーマパークや観光施設では、10月上旬から「ハロウィン月間」などと銘打ち、「仮装なら入園料が半額」「お子様にアメやクッキーをプレゼント」といった特典を用意します。

     この風潮は、もはや商業施設だけにとどまりません。学校、幼稚園、町内会などでもハロウィンイベントを行うケースが増えています。

     「当日は子どもたちにプレゼントするお菓子を用意してください」
     「見学にくる保護者も仮装にチャレンジしましょう」
     こんな“通達”をする幼稚園もあるそうです。秋の恒例行事となったハロウィン。どこもかしこも、おばけに化かされたような奇妙なムードに包まれてしまいます。

     ところが、ハロウィンムードが高まる一方で、冷ややかな声も聞こえてきます。

     「ハロウィンなんて嫌い」
     「街中でバカ騒ぎは勘弁してほしい」

    2018年10月24日 07時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP