西郷どんが「革命家」? 大河に違和感を抱く理由

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「動物好きのおじさん」から「ラストサムライ」まで、さまざまなイメージで語り継がれる西郷隆盛(1828~77)。最近、新たに加わったのが「革命家」の顔だ。今年のNHK大河ドラマ「 西郷(せご) どん」の演出が影響しているようだが、史実に照らすとどうなのか。西郷が活躍した明治維新は、日本の「革命」だったのか。

維新は「革命」か「革新」か

「明治150年記念式典」で式辞を述べる安倍首相(東京・永田町の憲政記念館で)
「明治150年記念式典」で式辞を述べる安倍首相(東京・永田町の憲政記念館で)

 明治改元の詔から150年となる10月23日、政府主催の記念式典が東京・永田町の憲政記念館で開かれた。かつての雄藩「薩長土肥」では「かごしま明治維新博」「やまぐち幕末ISHIN祭」「志国高知 幕末維新博」「肥前さが幕末維新博覧会」が開かれている。戊辰戦争で犠牲者を出した会津(福島県)などでは「維新」ではなく、会津でも「戊辰150周年」の記念事業が目白押しだ。書店にも明治維新関連の書籍がたくさん並んでいる。

 1962年(昭和37年)の創刊から56年で通巻2500点を迎えた中公新書は、記念作品として『日本史の論点』(中公新書編集部編)を出版した。気鋭の歴史学者5人が29の日本史の謎を解説する歴史ファンにはたまらない一冊なのだが、その中で慶応大教授の清水唯一朗さんが「明治維新は革命だったのか」を解き明かしている。

 清水さんによると、「維新」という言葉は中国の古典『詩経』に由来し、「()(あらた)なり」、すなわち、すべてが改まり新しくなることを指す。英語では「復古(Restoration)」があてられてきた。最近は「革命(Revolution)」と規定すべきだ、という意見もあるが、Revolutionはフランス革命のような秩序の大変革を意味し、中国では「革命」は王朝(体制)の抜本的な入れ替えを意味する。

 明治維新は、商人や農民が起こしたわけではない。政権は徳川から薩長土肥へと移ったが、清水さんは、江戸と明治に連続性があることを理由に、明治維新は極めて大規模な「革新(Innovation)」と見るべきだ、と主張している。

 だが、維新150年にあわせて制作された今年のNHK大河ドラマ『西郷どん』は、明らかに明治維新は革命で、西郷は革命家だったと位置づけている。それがわかるのが、流罪になっていた西郷隆盛が沖永良部島から薩摩(鹿児島県)に帰るシーンだ。

 

1

2

3

4

無断転載禁止
45907 0 深読み 2018/10/23 07:00:00 2018/10/23 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181022-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ