「w」「ディスる」…辞書に載るネット語の条件

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 笑いを意味する「w」、おとしめる時に使う「ディスる」……。インターネット発の言葉が、相次ぎ国語辞典に登場している。ネット語の賞味期限は短いと思いきや、日常会話に溶け込んだ言葉も少なくない。辞書に載る条件とは? 「三省堂国語辞典」編集委員で日本語学者の飯間浩明さん(51)に聞いた。(聞き手 メディア局編集部次長 室靖治)

辞書に載ったネット語たち

絵師、投稿、弾幕……辞書に続々採用
絵師、投稿、弾幕……辞書に続々採用

――文化庁の文化審議会国語分科会は3月、話し言葉、書き言葉に加え、メールやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で打ち込む「打ち言葉」を新たなコミュニケーションの言葉と位置づけました。

 「w」は打ち言葉の代表格でしょう。2014年刊行の三省堂国語辞典第7版が「ダブリュー」の4番目にこの用法を取り上げた時は、話題になりました。「ディスる」も新たな項目として載せました。

 7版で加えたネット特有の用法は、他にもありますよ。「絵師」(ネット上に上手なイラストを発表する人)、「投稿」(ネット掲示板などに文章や画像などを送信すること)、「弾幕」(ネット動画上に、画面が見えなくなるほど多数表示された、視聴者のコメント文字)など。いずれも「俗用」と断っています。

 7版では見送りましたが、「誤爆」(ネットの送信・投稿先を間違えること)は次の版に載るかもしれません。

 

1

2

3

4

46171 0 深読み 2018/10/28 07:00:00 2018/10/28 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181024-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ