文字サイズ
    生活

    「ブーム」とは言えない? パン人気の裏側

    ブレッドジャーナリスト 清水美穂子
     最近、パンの話題を見聞きすることが多い。紹介されるパンの種類は違っても、パンへの熱い視線は変わらない。「パンブーム」の背景には何があるのか。ブレッドジャーナリストの清水美穂子さんにリポートしてもらう。

    パンブーム?

    • 画像はイメージです
      画像はイメージです

     魅力的なパンは人を呼ぶ。テレビや雑誌などのメディアでは頻繁にパンの特集が組まれ、行列のできる人気店が話題になっている。新しい商業施設の入り口付近には人気パン店が誘致され、週末ごとにどこかでフェスが開催され、大勢の人で(にぎ)わいをみせる。

     でも、これがパンブームなのだろうか? 一(くく)りにパンブームと呼ぶのは安易すぎると思う。ブームとは一時的な流行のことだが、パンを取り巻くこうした動きは少なくとも20年近く続いているからだ。

    「コメに取って代わった」という誤解

     総務省の2011年度の家計調査では、一般家庭におけるパンへの支出額が初めてコメへのそれを上回った。これは当時、大きなニュースとして取り上げられたが、冷静に見ればこのデータには、コンビニエンスストアなどの弁当やおにぎりに使用されるコメはカウントされていない。調査結果が表しているのは、日本人がかつてのように家庭でコメを炊かなくなった、という事実であって、主食がパンに取って代わったわけではなかった。ただ、家計のパンへの支出は近年、確かに増えているとみられる。

     製粉協会(東京都中央区)と製粉振興会(同)が2010年と11年に実施した「小麦食品にかかわる生活者調査」では食パンをほぼ毎日食べると答えた人が中高年に多かった。

    • 昭和30年代の給食の様子(独立行政法人日本スポーツ振興センター提供)
      昭和30年代の給食の様子(独立行政法人日本スポーツ振興センター提供)

     日本人のパン食の原体験として無視できないのが、1950年代から70年代半ばの学校給食の存在だ。戦後の食糧難の時代に始まった給食の記憶がどのようであったにせよ、現在の中高年のパン食率の高さに影響を及ぼしていることは間違いない。


    2018年10月27日 07時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP