豊洲でも活躍…運搬車「ターレ」のひみつ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・築地市場の豊洲移転を巡るニュースで、小型運搬車「ターレ」(ターレットトラック)を目にした人は多いはず。生鮮品を載せ、市場内を走り回る働き者。実は、ターレには67年もの歴史がある。そして当初、活躍の場は別にあったという。ターレの秘話をメーカーに聞いた。

最高時速は15キロ

開通前の都道・環状2号線を豊洲市場へ向かうターレ=10月7日
開通前の都道・環状2号線を豊洲市場へ向かうターレ=10月7日

 ターレの2大メーカーの一つ、関東機械センター(東京)を訪ねた。ターレを納めた各地の市場などの写真が掲げられている。常務の木下重男さん(69)が話してくれた。

 ターレは、たる状の車体に駆動装置を収め、後ろに荷台がついた3輪車だ。全長3メートル、幅1メートルほどで、重さは1トンに満たない。

 「ターレット(turret)とは、『旋回するもの』という意味です。軍艦のくるくる回る砲塔に由来するようですね」

 車体の上部についた丸いハンドルは、前方の駆動輪に直結している。その場で回転できるなど、小回りが利くのが持ち味だ。小さい割に、荷物は1~2トン積める。最高時速は15キロ。

 「ナンバープレートとバックミラーがあれば、公道も走れますよ。ただし公道上は法規制があるので、積める荷物は500キロまでです」

1

2

3

4

47678 0 深読み 2018/10/30 07:00:00 2018/10/30 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181029-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ