「今日の夕食どうしよう?」問題が解決しない理由

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「今日の夕食どうしよう」――。インターネットで食材や調理方法を検索すれば、いくつものレシピにたどりつける。テレビの情報番組でも、旬の食材を使った調理の手順を紹介している。総菜や外食などが充実し、調理家電も進化しているのに、なぜ、台所を預かる主婦(主夫)の悩みはいつまでも解消しないのか。フードプランナーの渥美まいこ氏が解説する。

料理コンプレックスの“救世主”

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

 「女なんだから、料理くらいできないと」

 女性にとって息が詰まるこうしたフレーズは、さすがに最近はほとんど聞かなくなりました。とはいえ、「料理コンプレックス」の悩みが減ったわけではありません。

 「『簡単』と書かれていたレシピだったのに、思い切り失敗した」

 「調理手順の説明文がややこしくて解読できない」

 「包丁の使い方が下手だから、友人や恋人など人前で料理をしたくない」

 料理の話になると、表情を曇らせる女性たちが多くいます。どうやら、料理への悩みはいまだ根深いようです。

 料理レシピサイト「クックパッド」で一番検索されている単語は、「簡単」だそうです。いざ、料理に取り掛かろうという意気込みの裏に、「失敗だけはしたくない。手軽にできるおいしいレシピが知りたい」という切実な希望が見え隠れします。

 そんな女性たちの“救世主”のように、(ちまた)には「簡単」をうたうレシピがあふれかえり、調理家電も進化を続けています。にもかかわらず、毎日の献立に頭を抱える「料理コンプレックス」は一向に解消されないというのも不思議な話です。

 今、そんな「料理コンプレックス」に寄り添った料理本が売れています。インターネットやテレビでいくらでもレシピが見られる時代に、なぜ料理本を買うのでしょうか?

 

1

2

3

4

48991 0 深読み 2018/11/13 07:00:00 2018/11/13 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181112-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ