文字サイズ
    鉄道

    各社縦割りでイライラ…JRきっぷのネット予約

    旅行会社代表 中尾一樹
     インターネットで前もって予約したJRのきっぷを、出発駅ですんなり受け取れなかった。そんな経験の持ち主は結構いるはずだ。理由は、JR各社がばらばらに開発したネット予約システムにある。同じ「JR」なのになぜ? 改善策は? 総合旅行業務取扱管理者で、JRの発券システムに詳しい中尾一樹さんに解説してもらった。

    「明和電機」土佐さんの困惑

    • 各地を走る新幹線。チケットはネットで予約できる=右上から時計回りに上越、北海道、北陸、九州
      各地を走る新幹線。チケットはネットで予約できる=右上から時計回りに上越、北海道、北陸、九州

     JRの旅客鉄道会社6社のうち4社(東日本、東海、西日本、九州)には、独自のネット予約システムがあります。残る2社も、北海道は東日本、四国は西日本に相乗りしています。つまり全国どこからでも、JRきっぷをネット予約できるわけです。

     しかし、現在のネット予約システムには落とし穴があります。まずは、乗車前のチケット受け取りが必須なこと(チケットレスサービスも一部ありますが)。もう一つは、チケットを受け取れる駅が限られることです。問題点が分かりやすい例として昨夏、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で話題になった、アートユニット「明和電機」の土佐信道さん(51)の書き込みを引用します。

     「JRの『えきねっと』、最悪のシステム。岡山にいて、岡山から東京までの新幹線キップを買ったのに、岡山駅ではキップを発券できないという……。

     全国ネットワークできてからはじめんかい!」

     JR東日本の「えきねっと」で予約したきっぷを、出先の岡山駅(JR西日本管内)では受け取れなかった――という経験談です。「えきねっと」のホームページには、これに関する注意事項が大きく記されているので、「見落とすほうが悪い」と反論する書き込みも多数ありました。とはいえ、ふつうの利用客は「各社が縦割りの現状こそおかしい」と考えるほうが自然ではないでしょうか。

     ちなみに、土佐さんは結局、「えきねっと」をキャンセルし、岡山駅の窓口で改めて購入したそうです。

    2018年11月25日 07時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP