文字サイズ
    自動車

    スバリスト待望「レガシィ」ワゴン復活はあるか?

    モータージャーナリスト 御堀直嗣
     SUBARU(スバル)が2014年に主力車種「レガシィ」からツーリングワゴンを廃止し、間もなく5年を迎える。後継車となった「レヴォーグ」も一定の支持を得ているものの、レガシィワゴンの復活を望むスバリスト(スバル愛好者)は多い。スバルの決断は正しかったのか。モータージャーナリストの御堀直嗣氏が解説する。

    ステーションワゴンのイメージを一新

    • 初代レガシィ
      初代レガシィ

     レガシィは、1989年に、それまでのレオーネに代わるかたちで誕生したスバルの中核車種である。

     「ツーリングワゴン」の名で人気を高め、2014年に廃止されたステーションワゴンのほか、セダンの「B4」、SUV(スポーツ多目的車)「アウトバック」のラインアップがある。車体剛性にいちはやく注目したクルマで、的確に安心して運転できると評価され、人気を集めるようになった。

     「リゾートエクスプレス」と称されたツーリングワゴンは、それまでライトバンなどと揶揄(やゆ)されることもあったステーションワゴンのイメージを塗り替え、一時代を築いた。

     テレビCMも話題になり、ロッド・スチュワートの「セイリング」やロバート・パーマーの歌うビートルズの名曲「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」のメロディーとともにさっそうと走るワゴンの姿は印象的だった。

     初代(1989~93年)から3代目(98~2003年)までは、5ナンバー枠に収まる小型車として開発された。それが、4代目(03~09年)から車体が拡幅され、3ナンバー車となった。

     スバルは07年に、最重点市場を米国と位置付けた。5代目(09~14年)になると、角張った外観の造形と合わせ、車体寸法はさらに大きくなった。米国の消費者を意識したボディーサイズへ偏る傾向が強まった。

     国内では、4代目の3ナンバー化までは道路事情や駐車場などにおいて、実用上容認された。ところが、5代目は明らかに手に余る大きさに感じるとの声が出始めた。

     

    2018年12月08日 05時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP