海外旅行保険…意外と知らない“落とし穴”

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 年末年始は海外旅行という人もいるだろう。海外でケガや病気になった際に高額の治療費を請求されたり、航空会社に預けた荷物が届かないなどのトラブルに巻き込まれたりする可能性に備え、海外旅行保険に入る人は多い。ただ、保険の内容によっては、数百万円に及ぶ立て替え払いを現金でしなければならないケースや、いざという時に、保険証券が手元にないため、思わぬ出費につながったケースがあったりする。海外旅行保険の思わぬ落とし穴について、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんに解説してもらう。

29人に1人がトラブルに

画像はイメージです
画像はイメージです

 海外旅行保険は、旅行中のケガや病気の治療費、荷物が壊れた時の修理代などを補償してくれる損害保険の通称だ。

 国や医療機関によっては自由診療で、特に医療費は公的医療保険制度が前提となっている国内とは違い高額となるため、保険に入って備える人が多い。

 実際に保険の支払いが必要な状況はどの程度、起きているのか。

 JTBのグループ会社「ジェイアイ傷害火災保険」が2017年度の海外旅行保険契約者を対象にした調査では、保険金の支払いを受けたのは29人に1人の割合で、補償の対象で見ると、ケガや病気の治療費などの補償が約49%と半数近くを占めた。「治療・救援費用」名目で支払われた保険金の最高額は3588万円。アメリカを旅行中に発作を起こし、心不全と診断された人が、チャーター機で医療機関に搬送され、15日間入院し、家族が駆けつけたケースだった。

 日本の健康保険に加入していれば、海外療養費制度があるが、これは日本での治療費を基に補償額が決まるので、海外で実際に支払った金額よりも保険で戻るお金が少なくなる可能性が高い。やはり、海外旅行専用の保険に入っていたほうが安心に感じられるだろう。

1

2

3

4

56063 0 深読み 2018/12/27 07:00:00 2018/12/27 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181225-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ