「たかが自転車」…歩道の“凶器”を生む甘い認識

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 

道路上では肩身が狭い?

画像はイメージです
画像はイメージです

 色々な人から「この乗り方は法律違反ですか?」などの質問をよく受けます。イヤホンや片手で傘を差しながらの運転、荷物の持ち方から通行の仕方まで、様々なことを聞かれますが、「法律違反でない=安全」ではありません。それをしっかり認識しないまま、法律の抜け穴やグレーゾーンを探すばかりでは、安全に走ることには全くつながりません。

 15年の道路交通法の改正で、歩行者の通行を妨害したり、徐行しないで歩行者用道路を走行したりすることは危険行為と定められました。しかし、今も我が物顔で歩道を走る自転車はなくなっていません。

 背景には、自転車道が整備されないまま車道に出て、自動車の脇を走ることに恐怖を覚える人が多いことがあげられます。その結果、「はねられそうだから」という“被害者”意識だけを持って歩道を通行し、歩行者と接触、あるいは衝突して、加害者となってしまう事故も少なくありません。

 日本の現在の道路事情で、車道を走るのは、自転車にとっては過酷と言えます。せっかく自転車レーンが新設されても幅が狭かったり、レーン上に路上駐車されていたりといった例も散見されます。また、住宅街の狭い道で大型車がすぐそばを通り、恐怖や危険を感じることも頻繁にあるでしょう。

 私の実体験では、都心部では近年、ドライバーから「原則である」と認識されつつある自転車の車道通行が、地方に行くと無謀な運転のように見られることもしばしば。プロであるタクシーやバスの運転手でさえ「邪魔だ」とばかりにクラクションを鳴らすことがあります。そういった危険をさけようと歩道を通行すれば、先に述べたように歩行者と接触する危険があるのです。

“凶器”になりうる“クルマ”

 そもそも自転車に乗り始めた時から「クルマの一種」という教育を十分に受けないまま路上に出ているために、自転車に乗る人も、「自動車にぶつかりそうで危ないから、歩道を走ろう」、「信号のない交差点では、車のほうが気をつけて止まってくれるだろう」などと、なんとなく“歩行者寄り”の感覚で自転車と接してしまう傾向があるようです。自転車は、実は道路上に居場所がないという意味で、「弱い」「肩身が狭い」立場にあると言えるのかもしれません。

 自転車が加害者になる事故をなくすには、自転車と自動車、それぞれの“クルマ”に乗る人の意識改革が必要です。自転車は車道を走り、やむをえず歩道を通行する場合は自転車から降りる、徐行するという当たり前のルールを守ること。自動車は車道を走る自転車を邪魔者扱いしない、駐車禁止区域では路上駐車をしない。そして、自動車はもちろん自転車も交差点では細心の注意を払って通行する。余裕を持った自転車レーンを設置するなど、行政の課題もまだ多くあるはずです。

 意識や道路環境を変えるには、まだまだ時間もかかるでしょう。しかし、諦めず、声を上げ、行動を変え続けていくことで全体的な底上げが図れるのではないかと思います。

 現状では車道を走るのが怖いという人が多いかもしれません。しかし、堂々と車道を走ることでドライバーの意識も変化します。実際、15年前には都心部でも、自転車に対して厳しい目を向けるドライバーが今よりずっと多かったように思いますが、徐々に「自転車は車道を走るもの」という認識が浸透しつつあるように感じられます。

 自転車も“クルマ”と正しく理解して運転し、子どもたちにもその知識やノウハウを伝えていくこと。それこそが日本の自転車環境改善の第一歩ではないでしょうか。

 

プロフィル
遠藤 まさ子(えんどう・まさこ)
 自転車ジャーナリスト、自転車の安全利用促進委員会メンバー。自転車業界新聞の記者や自転車専門誌の編集などを経てフリーランスへ転向。自転車・ベビーカー、抱っこ紐など、親子の移動や楽しみのための乗り物などの取材を行い、寄稿している。3児の母である視点や経験を生かし、各種メディアでコメンテーターとしても活躍する。

1

2

3

4

5

60096 0 深読み 2019/01/08 07:00:00 2019/01/08 07:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181227-OYT8I50073-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ