地方創生の第一人者が「5Gに本気」な深い理由

東洋経済オンライン
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

現在10社以上がサテライトオフィスを構える徳島県神山町。5Gに見る未来とは?(写真 kozo/PIXTA)
「5Gで地方が大きく変わる」。「地方創生」の第一人者として知られる大南信也・認定特定非営利活動法人グリーンバレー理事(神山高専担当)は、故郷の徳島県神山町で建設会社を経営しつつ、仲間とともにNPO法人「グリーンバレー」を設立。住民自身の手による町おこしを展開してきた。神山町には現在10社以上がサテライトオフィスを構え、レストラン、ブルワリーなどが続々誕生。そんな大南氏が5Gに見る未来とは? 新刊『決定版 5G: 2030年への活用戦略』を上梓した片桐広逸氏が、大南氏にインタビューした一部を抜粋してお届けする。

遠隔診療に期待

――神山町はサテライトオフィスの先進地域で、大南さんは「創造的過疎」を提唱してきました。

大南 「創造的過疎」とは、人口減少が避けられない中で、地方に若い世代や創造的な人材を誘致して、人口構成を健全化し、新たな未来を創っていこうという考え方です。ただ、その中でもサテライトオフィスについては、「神山という土壌から自然に生えてきた」という感覚です。2010年にIT企業のSansanが初めて神山にオフィスを置いてくれたんですが、当時は私自身、サテライトオフィスという言葉も知りませんでした。

『決定版 5G: 2030年への活用戦略』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

Sansanの寺田親弘社長は2000年初頭にシリコンバレーで働いていたことがあり、そこでの体験から多様な働き方の必要性を感じていたそうです。神山で僕らと空き家の改修を進めていた建築家が寺田社長の友人で、「四国の小さな町だがアートのプログラムをやっていて、ネットの速度も速い」と紹介してくれたのがきっかけでした。神山では2005年に全町に光ファイバー網が設置されて、インターネットに高速接続できたんです。

――それから次々とICT系の企業が神山にサテライトオフィスを設け始めたのですね。

大南 私が考えてきたのは、「これは企業誘致ではなく、人材誘致だ」ということです。地域を盛り上げていくためには、オフィスの数を競うより、集まってきた人たちに地元でいろいろな反応を起こしてもらい、新たな変化を生み出していくことが大切だということです。まさに人は財産です。

――私個人としては、いろいろなネットワークや才能を持った人たちのプールが地域にできれば、実はそれが「地域おこし」というものなのではないかと、最近思い始めています。どの地方自治体もなかなか実現できていないことだと思いますが、なぜ神山ではうまくいったのでしょうか。

大南 「神山はオープンだ」とよく言われます。1つには古来、遍路道が通る場で、往来するお遍路さんたちへの「お接待」の文化がいまも残っているということがあります。

加えて、1993年ごろから外国の若い人たちを念頭に置いた民泊事業を進めました。神山町の住民も僕ら自身も、それによってトレーニングされた面があったと思います。

1999年からアーティストを呼び始めたことで、また1段、そのフェーズが上がっていった。神山に住む人々がオープンなマインドを共有し、クリエイターたちにとって居心地のよい、フラットな基盤ができあがったことで、そこに人が集まってくるようになったのでしょうね。

行政と民間、両者がつながっていく必要性

――そこが簡単にはまねられない部分なのでしょうね。地方創生において、行政との関係についてはどうお考えですか。

大南 光ファイバー網がそうですが、発展の基盤になるインフラは民間では作れません。

――神山町の光ファイバー網は、もともと地デジ対策だったのですよね。

大南 はい。総務省と徳島県と神山町がお金を出してくれたからできたもので、サテライトオフィスも光ファイバーあっての話だったわけです。結局、インフラについては行政にやっていただかなければ無理なのです。その上に築くものについても、行政と民間の両者がお互い知恵を出し合いながら進めていく、車の両輪のような形が必要になります。

各地の行政の方からは、「うちの町にはグリーンバレーのような、先導的に動いてくれる民間の組織がなくて」という話をよく聞きますが、実際に地域の民間団体をどこまでつかんでいるかが問題で、もっと現場へ出るべきでしょう。

一方で民間側も「うちの行政は何もわかってない」と批判する団体が多いですが、そうではなく、「この現状は、自分たちがやろうとしていることが、この人たちに見えていないのだ」と考え、行政の目にこちらのやりたいことがわかるよう努力すべきです。

例えば「役場がやる気がない」というときは、役場全部を1つの塊として捉えてしまっていますよね。でも実際は役場の中にもいろいろな思いを抱いている人たちが必ずいるのです。そういう人たちを見つけ出して、つながっていくことが大切です。

――神山町にはいまも高速な光環境があります。NTTドコモの協力で、今度は移動する車の中でもできるテレワークという総務省の5G総合実証実験をやられたと思いますが、5Gの登場でどのような変化が起きてくるでしょうか。

大南 5Gによって何が変わるかは、実際にそれが起きるまではなかなか想像できないことだと思います。2005年に神山町に光ファイバーが敷設されたときも、「これで何が起きるか」ということについて、少なくとも神山町内で予測できた人間はいませんでした。でも実際は、そこから今のサテライトオフィスの動きが始まったわけです。

とはいえ、これまでICT関連の人たちを引きつけたことをきっかけに大きな変化が起きてきたのは、まぎれもない事実です。いまの神山には先端技術に精通した人たちが集まっていますから、5Gの登場で、想像もしなかったことが起きる可能性はあると思います。

例えばいま神山には個人病院が3カ所ありますが、次の世代のお医者さんは、果して町に帰ってきてくれるのかという心配があります。今後は地域医療の中で、5Gを使った遠隔診療が必須のものとして求められるのではないでしょうか。

高専設立のアイデアも飛び出した

もう1つ、昔からここで生活してきた80代、90代の人たちは、都市に住むお子さんたちから、「ばあちゃん、じいちゃん、もうそんな不便なところは引き払って、都会へ出てきて一緒に住もうよ」と言われても、「いや、私は生きている限り、この場所におりたい」という方が多いのです。

そうなると、その人たちの移動手段が課題になります。今後ガソリンスタンドの廃業が進んでも、電気自動車なら家で充電すれば動けるし、5Gで自動運転が実現すれば、自分で運転できなくなった高齢者には救いになります。

農業でも林業でも、高齢化と人手不足は共通の悩みです。狭い棚田できめ細かい農業をしていくうえで、こうした地域のやり方に合った農業機械が5Gを活用した機能を備えたら、メリットは大きいでしょう。

もう1つの期待は遠隔授業です。実は、神山にサテライトオフィスを設けたICT企業の人たちは、周辺の学校のプログラミング教育の講師をしてほしいとよく依頼されているのです。徳島県内だけでなく、四国のあちこちで講演や授業をしています。

私自身もいま東京の青山学院大学のビジネススクールで「地方創生実践論 神山プロジェクト」という講義をしています。そうした講義もこれからは東京に行かないで、5Gで遠隔でできるかもしれませんね。

――いいですね。出張講義というと都会から地方というイメージで、地方から都会へ遠隔教育をするという話はなかなか聞かないですね。

大南 神山には大手ICT企業を辞めてレストランを始めたという人もいて、そういう話をビジネススクールですると、社会人の学生から「実は自分も今、新たな道を模索していて」と相談されたりします。

――東京から地方への、人材仲介ビジネスができそうですね。神山では「高等専門学校をつくろう」という話もありますね。

大南 2023年4月の開校を計画していて、いま、ネットで学長学校長を公募しているところです。社会に変化を生み出す力を持った人材「野武士型パイオニア」を育てることが目標です。

神山の強みは現場があることで、身近な現場で自分たちの着想を実験して、こういうことをやれば地域が、社会が変わるかもしれないという新しいものを生み出してほしい。そういう子たちが育っていけば、いろいろな分野で力を発揮してくれるでしょう。

無断転載禁止
1265051 0 東洋経済オンライン 2020/06/11 14:33:17 2020/06/11 14:33:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ